Linux Tips

X Window Systemの3Dアクセラレーションが有効かどうかを確認するには

北浦訓行
2004/11/18

 XFree86 4.xXorgには、GLXOpenGLなどの3Dアクセラレーション機能がある。これらの3Dアクセラレーション機能を使うには、それをサポートしたグラフィックスドライバとX Window Systemの設定が必要となる。

 Fedora Core 2の場合、/etc/X11/xorg.confで3Dアクセラレーションを有効にする設定が行われている。それが有効か否かを確認するには、glxinfoコマンドを使う。

 glxinfoコマンドは、X Window System上で実行する。単にglxinfoコマンドを実行すると、大量の情報が表示される。この中で、3Dアクセラレーションが有効かどうかを示しているのは、「direct rendering :」という行だ。grepコマンドでその行だけを表示すればいいだろう。

$ glxinfo | grep direct
direct rendering : yes ←3Dアクセラレーションが有効

 ちなみに、NVIDIAのGeForce4 Ti4400を搭載したPCにインストールしたFedora Core 2で確認したところ、デフォルトのグラフィックスドライバ「nv」では3Dアクセラレーション機能は使用できなかった。NVIDIAのWebサイト(http://www.nvidia.com/)から最新のグラフィックスドライバをダウンロードしてインストールしたところ、3Dアクセラレーションが有効になった。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH