Linux Tips

Samba 3.0を使うには

北浦訓行
2004/12/9

 Samba 3.0でも従来のsmbpasswdによるユーザー管理がサポートされているため、2.0系からバージョンアップしてもsmbpasswordをそのまま使用することができる。しかし、NTドメインなどを使用しないファイルサーバとしてSamba 3.0を使用する際には、「TDB」というユーザー管理データベースが推奨されている。ここでは、Fedora CoreでTDBを利用してSamba 3.0を使う方法を説明する。

 まず、rpmコマンドでSamba 3.0がインストールされていることを確認する。必要なパッケージは、samba-3.0.x、samba-client、samba-common、samba-swatの4つだ。

# rpm -qa | grep samba
samba-client-3.0.8-0.pre1.3
samba-common-3.0.8-0.pre1.3
system-config-samba-1.2.21-1
samba-swat-3.0.8-0.pre1.3
samba-3.0.8-0.pre1.3

 次に、/etc/samba/smb.confを編集して以下の設定を行う。

[global]
        passdb backend = tdbsam ←追加
        workgroup = kitaura ←ワークグループ名(デフォルトはMYGROUP)

 なお、今回は動作確認のために、以下の部分のコメントを有効にした。

# This one is useful for people to share files
[tmp]
   comment = Temporary file space
   path = /tmp
   read only = no
   public = yes

 /etc/samba/smb.confの編集が終わったら、Sambaを起動する。

# service smb start
SMB サービスを起動中:                                      [  OK  ]
NMB サービスを起動中:                                      [  OK  ]

 Fedora Core 3の場合、デフォルトではファイアウォール機能がオンになっているためSambaが使用するポートが閉じられている。GNOMEメニューの[システム設定]−[セキュリティレベル]で[ファイアウォールを無効にする]を選択するか、[他のポート]に以下の値を入力する。

137:udp,138:udp,139:tcp,445:tcp

[セキュリティレベルの設定]ダイアログボックス

 次にユーザーアカウントとパスワードを設定する。既存のユーザーアカウントを使用する場合、ユーザーアカウントは作成しなくてもよい。

# useradd kitaura ←ユーザーアカウント作成
# pdbedit -a kitaura ←パスワード設定
new password: ←パスワード入力
retype new password: ←パスワード再度入力
TDBSAM version too old (0), trying to convert it.
TDBSAM converted successfully.
Unix username:        kitaura
NT username:
Account Flags:        [U          ]
User SID:             S-1-5-21-780969629-2045813373-123027545-2002
Primary Group SID:    S-1-5-21-780969629-2045813373-123027545-2003
Full Name:
Home Directory:       \\dimvm\kitaura
HomeDir Drive:
Logon Script:
Profile Path:         \\dimvm\kitaura\profile
Domain:               DIMVM
Account desc:
Workstations:
Munged dial:
Logon time:           0
Logoff time:          土, 14 12月 1901 05:45:51 GMT
Kickoff time:         土, 14 12月 1901 05:45:51 GMT
Password last set:    水, 17 11月 2004 10:17:28 GMT
Password can change:  水, 17 11月 2004 10:17:28 GMT
Password must change: 土, 14 12月 1901 05:45:51 GMT
Last bad password   : 0
Bad password count  : 0
Logon hours         : FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF

 以上で取りあえずの設定は終了だ。Windowsからアクセスできるかどうかを確認する場合は、[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行]を選択して、

\\サーバ名

と入力して[OK]ボタンをクリックする。以下のようなウィンドウが開けば成功だ。

このようなウィンドウが開けば設定は成功

関連記事:
  Samba 3.0の全貌 改訂版

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第1回 BtoBマーケティングの実践における「可視化」の目的と設計方法
BtoBマーケティングにおける「可視化」とは、顧客企業の購買プロセスを明らかにすること...

第2回 技術の進化がマーケティングに与えたインパクト
第2回では、新しいKKD(「仮説」「検証」「データ分析」)が意味を持つようになった時代...

第5回 Webサイトの目的を社内で共有する――他部署をうまく巻き込むには?
遠藤さんのプレゼンがいよいよ始まる。Webサイトのリニューアルプランに「ソーシャルメデ...