Linux Tips

システムの負荷が低いときにジョブを実行するには

北浦訓行
2005/1/6

 一定の時間後にプログラムを実行するにはで、atコマンドで指定した時間にジョブを実行する方法を説明した。atコマンドに似た働きをするbatchコマンドを利用すると、それほど急いで実行する必要のないジョブを、システムの負荷が一定の値(平均で0.8)よりも低いときに実行することができる。

 batchコマンドでジョブの予約を行う方法は、atコマンドと同じだ。標準入力から指定する際は、

$ batch noon
at> execfoo ←execfooというプログラムを実行
at> <EOT> ←[Ctrl]+[D]キーで登録
job 3 at 2004-12-24 12:00

のように行う。上記の例では「noon」というオプションを指定しているが、これは正午(noon)以降でシステム負荷が0.8以下のときにジョブを実行するという指定だ。

 また、実行するコマンドをファイル(例えばexec.job)に記述しておき、

$ batch -f exec.job

のように指定することもできる。

 指定したジョブの一覧表示や取り消しなどは、atコマンドと同様にatqコマンドやatrmコマンドで行える。

$ atq
3       2004-12-24 12:00 b nori

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH