Linux Tips

WebalizerでApacheのアクセスログを解析するには

北浦訓行
2005/2/24

 Apacheのアクセスログ解析プログラムとしては、AnalogWebalizerなどが有名だ。Fedora Core 3の場合、WebalizerのRPMファイルが提供されているので、これをインストールするのが簡単だ。

 まず、

$ rpm -qa | grep webalizer

として、Webalizerがインストールされているか否かを確認する。されていないときは、rootで以下のコマンドを実行する。

# yum install webalizer

 インストール後、Webブラウザでhttp://localhost/usage/にアクセスすると、以下のような画面が表示される。

Webalizerの画面

 各項目の意味は以下のとおりだ。

項目
意味
Hits ログに記録された全アクセス数。HTMLファイルや画像ファイルなどクライアントの全要求がカウントされる。エラーも含まれる
Files 正常に応答できたファイルの数
Pages HTMLファイルへのアクセス数
Visits 訪問者数。同一のプロキシを使用したアクセスは、実際のユーザーが違っても同じアクセスと見なされる
Sites 初めてサイトを訪れた人の数
KBytes クライアントに転送されたデータのサイズ

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH