Linux Tips

chkrootkitのログをローテートするには

北浦訓行
2005/6/9

 chkrootkitを定期的に実行するにはで説明した方法で作成したログファイルは、翌日chkrootkitが実行されたときに上書きされてしまう。

 /etc/cron.daily/chkrootkitの内容を、

#!/bin/sh
mv /var/log/chkrootkit.log.2 /var/log/chkrootkit.log.3
mv /var/log/chkrootkit.log.1 /var/log/chkrootkit.log.2
mv /var/log/chkrootkit.log /var/log/chkrootkit.log.1
/usr/local/bin/chkrootkit > /var/log/chkrootkit.log
grep "INFECTED" /var/log/chkrootkit.log | mail -s "chkrootkit log" root
chmod 600 /var/log/chkrootkit.log

のように変更すれば、3世代までのログを残すことができる。

 logrotateを使えば、より柔軟な保存設定が可能になる(syslogの保存期間を変更するにはおよびlogrotateの設定ファイルで指定できる主なコマンド参照)。chkrootkit用logrotateの設定を行うには、/etc/logrotate.d/chkrootkitを作成し、以下のような記述を行う。

/var/log/chkrootkit.log {
    daily ←毎日ローテート
    missingok ←logファイルがなくてもエラーを出さない
    rotate 30 ←30日分のログを保存
}

 /etc/logrotate.d/chkrootkitを作成したら、chmodコマンドでパーミッションを変更する。

# chmod 644 /etc/logrotate.d/chkrootkit

 以上の設定により、chkrootkitのログファイル(chkrootkit.log)は作成から1日たつとファイル名がchkrootkit.log.1のように変更され、chkrootkit.logには常に最新のchkrootkitのログが記録されることになる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH