Linux Tips

logrotateのテストを行うには

北浦訓行
2005/6/16

 chkrootkitのログをローテートするにはで紹介したように、ログのローテーションはlogrotateで行う。しかし、/etc/logrotate.dに作成した設定ファイルが正しく機能するか否かは、cron.daily()が実行されるまで分からない。

注:多くのディストリビューションは午前4時2分に実行されるようになっている。

 logrotateには、設定ファイルをテストするモードがある。それが-dオプションだ。

# logrotate -dv /etc/logrotate.d/chkrootkit
reading config file /etc/logrotate.d/chkrootkit
reading config info for /var/log/chkrootkit.log

Handling 1 logs

rotating pattern: /var/log/chkrootkit.log  after 1 days (30 rotations)
empty log files are rotated, old logs are removed
considering log /var/log/chkrootkit.log
  log does not need rotating

 例えば、設定ファイルに間違いがあると、

error: /etc/logrotate.d/chkrootkit:2 unknown option 'natifempty' -- ignoring line

のように、エラーメッセージが表示される。

 なお、-dオプションを付けてlogrotateコマンドを実行した場合、ログファイルは変更されない。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH