Linux Tips

Firestarterでファイアウォール設定をGUI化

北浦訓行
2005/6/30

 Fedora Coreなどは、「セキュリティレベル」というプログラムでファイアウォールの設定を行うことができる。しかし、「セキュリティレベル」は機能的な制限が多く、使い勝手があまりよくない。例えば、「セキュリティレベル」では許可するサービスが6種類(HTTPSやFTPなど)しか用意されておらず、SambaやBitTorrentなどを使う場合は、使用するポートやプロトコルなどを入力する必要がある。

 ここでは、Fedora Core 4をクライアントとして使用する際に便利なファイアウォール設定ツール「Firestarter」を紹介する。Firestarterは、http://www.fs-security.com/からダウンロードできる。FC2/3、SUSE LINUX 9.2、Debian GNU/Linuxなど、各種ディストリビューション用パッケージやソースのtarボール、SRPMなどが用意されている。FC4の場合は、yumコマンドでインストールできる。

# yum install firestarter

 インストールが終わったら、[アプリケーション]−[システムツール]−[Firestarter]を選択して[ファイヤーウォール]ウィザードを起動する。

 [ファイヤーウォール]ウィザードでは、必要に応じてオプションを選択したり、チェックボックスをオン/オフする。設定の意味が分からない場合は、初期設定のまま[進む]ボタンをクリックすればいいだろう。設定が終了したら、[保存]ボタンをクリックする。

 [Start firewall now]のチェックボックスがオンになっていると、Firestarterのウィンドウが表示される。

Firestarterのウィンドウ。画面上の[アクティブな接続]をクリックすると、接続状況が一覧表示される

 ファイアウォールの設定は[ポリシー]パネルで行う。例えば、ホスト単位で接続を許可する場合は、[受信側トラフィックのポリシー]を選択して[接続を許可するホスト]のボックスをクリックする。そして、ツールバーの[ルールの追加]ボタンをクリックして、[新しい受信側ルールの追加]ダイアログボックスの[IP、ホストまたはネットワーク]に許可するホストを入力する。ここでは、「192.168.0.0/24」のような指定も可能だ。

ホストを指定する場合の[新しい受信側ルールの追加]ダイアログボックス

 また、サービスごとに許可する場合は、[許可するサービス]のボックスをクリックして、ツールバーの[ルールの追加]ボタンをクリックする。[新しい受信側ルールの追加]ダイアログボックスが表示されるので、[名前]ボックスでサービスを選択する。すると、[ポート番号]ボックスに自動的に対象となるポートが入力される。そして、サービスの対象を選択したら[追加]ボタンをクリックする。例えば、[名前]ボックスでは[BitTorrent][Samba][Xwindows]など16種類のサービスが選択できる。

サービスを指定する場合の[新しい受信側ルールの追加]ダイアログボックス

 設定が終了したら、ツールバーの[ポリシーの適用]ボタンをクリックする。[送信側トラフィックのポリシー]も同様に、ホスト/サービスごとに許可/拒否を指定できる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH