Linux Tips

Linuxで無線LANを使うには

北浦訓行
2005/7/14

 Fedora Core 4(FC4)に標準添付されているドライバで、無線LANを使用する手順を紹介する。使用するハードウェアは、Intel PRO/Wireless 2100という802.11bの無線LANアダプタを搭載したノートPCだ。

 FC4を「ワークステーション」インストールすると、Intel PRO/Wireless 2100のドライバ(ipw2100)もインストールされる。

$ ls -l /lib/modules/2.6.12-1.1390_FC4/kernel/drivers/net/wireless/ipw2100
合計 112
-rwxr--r--  1 root root 104688  7月  6 09:57 ipw2100.ko

 インストールされていなくても、Intel PRO/Wireless 2100ドライバのWebサイト(http://ipw2100.sourceforge.net/)でtarボールをダウンロードできる。また、ATrpms(http://atrpms.net/name/ipw2100/)にはRed Hat Enterprise LinuxやRed Hat Linux、Fedora Coreなどの各RPMパッケージが用意されている。http://ipw2100.sourceforge.net/の[Useful Links]には、SUSE LINUXやDebian用パッケージへのリンクもある。なお、Intel PRO/Wireless 2100の場合、ドライバのほかにファームウェアもインストールする必要がある。

 BIOSなどでハードウェア的に内蔵無線LANを有効化したら、以下のコマンドを実行してドライバを読み込む。

# modprobe ipw2100
# lsmod
(省略)
ipw2100                87417  0

 lsmodコマンドでドライバが読み込まれていることを確認したら、/etc/modprobe.confに以下の設定を追加する。

alias eth1 ipw2100

 続いて、iwconfigコマンドでキーやESS-IDの設定を行う。

# iwconfig eth1 key restricted s:WEPキー(文字列)
# iwconfig eth1 essid ESS-ID
# iwconfig
(省略)
eth1      IEEE 802.11b  ESSID:"xxxxxxxxxxxx"  Nickname:"ipw2100"
          Mode:Managed  Frequency:2.462 GHz  Access Point: 00:07:40:
xx:xx:xx
          Bit Rate=11 Mb/s   Tx-Power:off
          Retry:on   RTS thr:off   Fragment thr:off
          Encryption key:6E61-7473-7539-3973-757A-7530-33   Security mode:restricted
          Power Management:off
          Link Quality=100/100  Signal level=-41 dBm
          Rx invalid nwid:0  Rx invalid crypt:0  Rx invalid frag:0
          Tx excessive retries:0  Invalid misc:0   Missed beacon:0

 ここまでの作業が問題なく終了したら、DHCPでIPアドレスを取得してみる。

# dhclient eth1
# ifconfig
(省略)
eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:04:23:xx:xx:xx
          inet addr:192.168.0.100  Bcast:192.168.0.255  Mask:
255.255.255.0
          inet6 addr: 2001:240:79:0:204:23ff:fe49:8a38/64 Scope:Global
          inet6 addr: fe80::204:23ff:fe49:8a38/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:14 errors:11 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:30 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:3286 (3.2 KiB)  TX bytes:3584 (3.5 KiB)
          Interrupt:9 Base address:0xc000 Memory:d0201000-d0201fff
(省略)

 以上で、無線LANの設定は完了だ。ただし、これらの設定はシステムを再起動すると消えてしまう。恒常的に無線LANを使用する場合は、無線LANの設定を再起動時も有効にするにはを参照。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第4回 お客さまと対話するCCO
企業の中において顧客への提供価値の連続性とその向上に責任を持つCCOとは別に、お客さま...

国内IoT広告市場、2020年には5倍に成長〜スパイスボックスが調査〜
スパイスボックスは12月17日、シード・プランニングのデジタル領域の市場/サービス調査...

日本オラクル、「Oracle Service Cloud」の新機能「Service Collaboration」を提供開始
日本オラクルは12月18日、カスタマーサポート業務を支援するクラウドソリューション「Ora...