Linux Tips

無線LANの設定を再起動時も有効にするには

北浦訓行
2005/7/14

 無線LANの設定を再起動時も有効にするには、設定用のファイルを作成しなければならない。設定ファイルをCUIで作成する場合は、rootで/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1に以下の記述を行う。

DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp
TYPE=Wireless
ESSID=ESS-ID
CHANNEL=チャンネル

 続いて/etc/sysconfig/network-scripts/keys-eth1を開いて、キーの設定を行う。キーの設定を文字列で行う場合は、「s:」という指定が必要になるので注意が必要だ。

KEY="s:WEPキー(文字列)"

 /etc/sysconfig/network-scripts/keys-eth1を作成したら、このファイルにroot以外のユーザーがアクセスできないように、ファイルの属性を変更しておく。

# chmod 600 /etc/sysconfig/network-scripts/keys-eth1

 Fedora Coreの場合は、GUIで上記の設定を行うことも可能だ。[アプリケーション]メニューの[システムツール]−[インターネット接続ウィザード]を選択して、[デバイスタイプ]で[ワイヤレス接続]を選び[進む]ボタンをクリックする。後は画面の指示によって、適切なオプションを選択したり必要な情報を入力する。

[インターネット接続ウィザード]のワイヤレス接続設定画面

 また、[デスクトップ]メニューの[システム設定]−[ネットワーク]でも設定可能だ。新規に登録する場合は、[ネットワーク設定]画面で[新規]ボタンをクリックすると、[インターネット接続ウィザード]と同じ画面が表示される。

 登録済みの設定を変更する際は、[ネットワーク設定]画面で変更するデバイスを選択して、[編集]ボタンをクリックする。すると、[ワイヤレスデバイス設定]ウィンドウが表示される。無線LAN関連の設定を変更する場合は、[ワイヤレス設定]タブをクリックする。

[ワイヤレスデバイス設定]ウィンドウの[ワイヤレス設定]パネル

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH