Linux Tips

Linuxで無線LAN PCカードを使うには

北浦訓行
2005/7/21

 Linux用のドライバが用意されていれば、比較的簡単に無線LAN PCカードを使用できる。ここでは、例としてIntersil社の制御チップPrismを搭載したCoregaのPCCL-11をFedora Core 3/4で使用するための設定方法を説明する。ちなみに、PCCL-11はIEEE802.11bに対応したPCカードで、ドライバは「orinoco_cs」を使用する。

 FC4を起動したら、PCCL-11をPCカードスロットに挿入する。PCCL-11はCardBusに対応していないので、lspciコマンドでは認識できない。cardctlコマンドを実行すると、以下のように表示されるはずだ。

# cardctl ident
Socket 0:
  product info: "corega", "WL PCCL-11","ISL37300P","RevA"
  manfid: 0xc00f, 0x0000
  function: 6 (network)

 認識されたら、/etc/pcmciaに適当な名前でconfファイル(例ではpccl11.conf)を作成する。内容はPCカードによって異なるが、PCCL-11の場合は以下のようになる。

card "corega WL PCCL-11 ISL37300P RevA"
  version "corega", "WL PCCL-11", "ISL37300P", "RevA"
  bind "orinoco_cs"

 confファイルを作成したら、pcmciaサービスを再起動する。

# service pcmcia restart

 以上でPCCL-11が認識されるようになる。次に、無線LANの設定を再起動時も有効にするにはで説明したように、カードの各種設定を行う。[アプリケーション]メニューの[システムツール]−[インターネット設定ウィザード]を選択して、[デバイスタイプの選択]画面で[ワイヤレス接続]を選び[進む]ボタンをクリックする。

 [ワイヤレスデバイスを選択]画面には、[orinoco_cs(ethx)](「orinoko(ethx)」の場合もあるようだ)という選択肢がある。これを選択して[進む]ボタンをクリックする。

 [ワイヤレス接続を設定]画面が表示される。[モード]は[Auto]にした(そうしないと、チャンネルを変更できなかった)。後は[ネットワーク名(SSID)][チャンネル][発信レート][鍵]の各項目に必要なデータを入力して[進む]ボタンをクリックする。

[ワイヤレス接続を設定]画面

 [ネットワークの設定]画面では、IPアドレスの設定を行う。デフォルトは[dhcp]になっている。設定が終わったら[進む]ボタンをクリックする。

 以上ですべての設定は完了だ。[適用]ボタンをクリックして[インターネット設定ウィザード]を終了する。ちなみに、FC4で[デスクトップ]メニューの[システム設定]−[ネットワーク]で起動する[ネットワーク設定]ダイアログボックス(system-config-network)で、[デバイス]タブを選択した状態でツールバーの[新規]をクリックしても、同様の設定を行うことができる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH