Linux Tips

古いカーネルを削除するには

北浦訓行
2005/10/13

 一般的に、カーネルをアップデートしても古いカーネルは削除せず、新バージョンとともに旧バージョンのカーネルもGRUBから起動できるようにすることが多い。

 新バージョンがうまく動かない場合を考えると安心できるシステムだが、Fedora Core(FC)のようにカーネルのアップデートが比較的短い間隔で行われるディストリビューションでは、ディスクスペースが圧迫されてしまうしGRUBのメニューも煩雑になる。

カーネルのアップデートを重ねたFC4のGRUBメニュー

 Fedora Core 4(FC4)では、Fedora Extrasにyum-utilsというパッケージが用意されている。その中のpackage-cleanupコマンドを実行すれば、古いカーネルを簡単に削除できる。

 まず、yum-utilsをインストールする。

# yum install yum-utils

 yum-utilsのインストールが完了したら、--oldkernelsオプションを付けてpackage-cleanupコマンドを実行する。

# package-cleanup --oldkernels
Setting up yum
I will remove the following 4 kernel related packages:
kernel-2.6.12-1.1398_FC4
kernel-2.6.11-1.1369_FC4
kernel-devel-2.6.12-1.1398_FC4
kernel-devel-2.6.11-1.1369_FC4
Is this ok [y/N]: y ←「y」を入力して[Enter]キー

 初期設定では、最新カーネルと1世代前のカーネルを残し、それよりも古いカーネル(kernelとkernel-devel)が削除される()。

注:原稿執筆時点のバージョンyum-utils-0.3.1-1.fc4では、SMPカーネルが削除されないという問題がある。

 もっと古いカーネルも残したい場合は、package-cleanupコマンド実行時に--count=残すカーネル数を追加する。例えば、最新版および2世代前のカーネルまで残すなら、

# package-cleanup --oldkernels --count=3

とする。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH