Linux Tips

インポートしたGnuPGの公開鍵を削除するには

北浦訓行
2005/10/20

 ファイルを暗号化/復号するには(公開鍵暗号方式編)で説明したとおり、ファイルを暗号化する際に、ファイルを復号する人が公開している「公開鍵」を使う。公開鍵が不要になったり、何らかの事情で相手の公開鍵が変わった場合は、インポート済みの公開鍵を削除する必要がある。

 公開鍵を削除するには、「--delete-key 相手のメールアドレス」オプションを指定して、gpgコマンドを実行する。

$ gpg --delete-key nori@example.jp
gpg (GnuPG) 1.4.1; Copyright (C) 2005 Free Software Foundation, Inc.
This program comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
This is free software, and you are welcome to redistribute it
under certain conditions. See the file COPYING for details.


pub 1024D/71CF37EF 2005-10-04 Noriyuki Kitaura (foobar) <nori@example.jp>

この鍵を鍵輪から削除しますか? (y/N) y ←「y」を入力して[Enter]キー

 以上で、インポート済みの公開鍵が削除される。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH