Linux Tips

一定時間後に画面を強制的にロックするには

北浦訓行
2005/11/17

 GNOMEのgnome-keyboard-properties(キーボードの設定)というユーティリティには、typing-greak(一休み)という機能がある。Fedora Core 4の初期設定ではオフになっているが、これをオンにすると、一定の時間が経過すると画面が強制的にロックされる。

 [デスクトップ]メニューの[個人設定]−[キーボード]を選択すると[キーボードの設定]ダイアログボックスが表示されるので、[一休み]タブをクリックする。[一休みに入ったら強制的にスクリーンをロックする]をオンにして、警告を出すまでの時間や一休みする時間を設定する。

[キーボードの設定]ダイアログボックスの[一休み]パネル

 設定した時間が経過すると以下のような画面になり、設定した時間だけ画面がロックされる。

ロック中の画面

 [一休みの延長を許可する]をオンにしている場合は、ロック画面の右下に[中断を延長する]ボタンが表示される。これをクリックすると、ロックを解除できる。

 また、[一休みに入ったら強制的にスクリーンをロックする]をオンにすると、デスクトップ右上のパネルに、ロックされるまでの時間が小さなアイコンでグラフ表示されるようになる。このアイコンを右クリックすると、[キーボードの設定]ダイアログボックスの[一休み]パネルを表示したり、強制的に画面をロックできるメニューが表示される。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH