Linux Tips

GNOMEでマウスポインタのサイズを変えるには

北浦訓行
2005/11/17

 サイズの割に高解像度の液晶パネルでGNOMEを使っていると、マウスポインタを見失うことがある。マウスポインタを大きくすることで、そうした事態を低減できる。

 GNOMEでは、[マウスの設定]でマウスポインタのサイズを変更できる。Fedora Core 4の場合、[デスクトップ]メニューの[個人設定]−[マウス]を選択すると[マウスの設定]が起動する。ターミナルエミュレータや[アプリケーション]メニューの[アプリケーションの実行]から起動する場合は、gnome-mouse-propertiesコマンドを実行する。

 [マウスの設定]画面で[カーソル]タブをクリックすると、マウスポインタのサイズを指定するパネルが表示される。サイズを変更したら、X Window Systemを再起動する(ランレベルが5の場合はログアウトして再度ログインする)。これで、マウスポインタのサイズが変わる。

各サイズでのマウスポインタ

 また、[[CTRL]キーが押されたらカーソルを強調表示させる]をオンにして[Ctrl]キーを押すと、(正確にはキーを放したときに)マウスポインタの周りに正方形が現れ、それが回転しながら小さくなる。この機能を使えば、マウスポインタのサイズを大きくしなくてもマウスポインタの場所が分かるようになるが、マウスポインタとは無関係の操作で[Ctrl]キーを押した際にも上記の強調表示効果が実行されるので、邪魔に感じることがあるかもしれない。

マウスポインタの周りに表示された正方形。回転しながら小さくなって消える

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH