Linux Tips

各種サーバへ接続するアイコンをデスクトップに作成するには

北浦訓行
2005/12/1

 Fedora Core 4のGNOMEには、[サーバへ接続]というプログラム(コマンド名はnautilus-connect-server)がある。これを使うとFTPサーバやWebDAVサーバなどに接続するためのアイコンをデスクトップに作成できる。ここでは、例としてFedora Projectのミラーサーバに接続するアイコンを作成してみる。

 最初に、[場所]メニューの[サーバへ接続]を選択すると、[サーバへ接続]ダイアログボックスが表示されるのでに、[サービスの種類]を選択する。

  • SSH
  • パブリックFTP
  • FTP(ログイン有り)
  • Winodws共有
  • WebDAV(HTTP)
  • セキュアWebDAV(HTTPS)
  • カスタム

から選択可能だ。WebDAVサーバに接続する場合は[WebDAV(HTTP)]を、Windowsマシンに接続するなら[Windows共有]を選択する。ここでは、anonymouse FTPサーバに接続するための設定を行うので、[サービスの種類]で[パブリックFTP]を選択する。

 次に、[サーバ名]を入力する。Fedora Projectのミラーサーバに接続するので、いくつかある日本のミラーの中から「ftp.riken.go.jp」を入力した。[ポート番号]は、今回は特に設定する必要はない。[フォルダ]にはホストの初期ディレクトリを入力する。ftp.riken.go.jpの場合、Fedora Coreのディレクトリは「/Linux/fedora/core/」となる。最後に、[接続で使用する名前]ボックスに名前を入力する。ここで入力した名前がデスクトップに作成されるアイコンの名前になるので、どのサーバに接続するかが端的に分かる名前にする。ここでは、「Fedora Mirror」とした。

[サーバへ接続]ダイアログボックス

 以上で入力は完了だ。[接続]ボタンをクリックすると、Nautilusのウィンドウに指定したFTPサーバのファイルが表示され、デスクトップに「Fedora Mirror」という名前のアイコンが作成される。

FTPサーバのファイル一覧が表示され、デスクトップには「Fedora Mirror」アイコンが作成された

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH