Linux Tips

Xdmxを手軽に利用するには

北浦訓行
2006/2/2

 Xの画面を複数のディスプレイに分割表示するにはで、DMX(Distributed Multi-head X)の使用方法を説明した。ただしこの方法では、ディスプレイの数が増えると操作が煩雑になる。そこで、あらかじめ作成した設定ファイルによって表示させる方法を紹介する。

 最初に、設定ファイルを作成する。設定ファイルの名前や場所は適当で構わない。ここでは、例としてユーザーのホームディレクトリにxdmx.confという名前で作成する。ホスト名は、Xの画面を複数のディスプレイに分割表示するにはと同じく「PC01」「PC02」とし、デュアルディスプレイ環境を構築する。

virtual example {
        display PC01:0 1280x1024 @0x0;
        display PC02:0 1280x1024 @1280x0;
}

 次に、起動時のランレベルを「3」、色深度を「16」に変更。そして、PC01とPC02の両方で、

$ xinit -display :0

を実行してXサーバを起動する。

 ここまでの作業が終わったら、PC01とPC02が互いにアクセスできるように、それぞれのPCでxhostコマンドを実行する。

$ xhost +PC02 ←PC01上で実行

$ xhost +PC01 ←PC02上で実行

 最後に、Xdmx(Distributed Multi-head X server)を起動する()。Xdmxコマンドの書式は以下のとおり。

$ Xdmx :1 -configfile xdmx.conf -config example +xinerama &

注:Xdmxコマンドの実行方法については、Xの画面を複数のディスプレイに分割表示するにはも参照。

 ここまでデュアルディスプレイ環境を例にしてきたが、例えば4台のディスプレイを縦横2台ずつ並べた場合のxdmx.confは、以下のように記述する。

virtual example2 {
        display PC01:0 1280x1024 @0x0;
        display PC02:0 1280x1024 @1280x0;
        display PC03:0 1280x1024 @0x1024;
        display PC04:0 1280x1024 @1280x1024;
}

 マルチディスプレイ環境が正常に動作しているかどうかは、以下のコマンドで確かめられる。

$ export DISPLAY=:1
$ xlogo -geometry 2000x2000+0+0

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH