Linux Tips

最小限のシステムでX Window Systemのスクリーンショットを撮るには

北浦訓行
2006/3/16

 X Window Systemのスクリーンショットを撮るには、ImageMagickのimportコマンドやGIMPの画面取り込み機能を使うのが一般的だ(X Window Systemのスクリーンショットをとるには参照)。また、GNOMEやKDEには専用のアプレットが用意されている(GNOMEでスクリーンショットを撮るにはKDEでスクリーンショットを撮るには参照)。しかし、これらの機能はあくまでもオプション的な位置付けなので、最小限のシステム構成ではインストールされないこともある。

 そのようなシステムでも、xwdコマンドは存在するはずだ。xwdコマンドは、X Window Systemに付属しているコマンドであり、X Window Systemが動作するシステムであれば、ほぼ間違いなく使用できる。

 xwdコマンドの制限としては、ほぼX Window Systemでしか使用されないXWDという形式のイメージフォーマットになってしまう点がある。X Window Systemの世界では一般的だが、WindowsやMacintoshのグラフィックツールではサポートされていないことが多い。The GIMPやImageMagickのconvertコマンドで変換すれば、WindowsやMacintosh用のグラフィックソフトでも読み込むことができる。

 ウィンドウマネージャのフレーム込みで、001.xwdというファイルにスクリーンショットを撮るには、次のコマンドを実行する(キャプチャ対象のウィンドウはマウスで指定)。

$ xwd -frame -out 001.xwd

 画面全体のスクリーンショットを002.xwdというファイルに撮るには、次のコマンドを実行する。

$ xwd -root -out 002.xwd

 xwdでよく利用されるオプションには、以下のようなものがある。

オプション
意味
-nobdrs ダンプにXのウィンドウの境界を構成するピクセルが含まれないように指定する
-out file 出力ファイル名をコマンドラインから指定する。デフォルトは標準出力に出力される
-frame 手動でウィンドウを選択する際に、ウィンドウマネージャのフレームの部分も対象とする
-root ルートウィンドウをキャプチャする

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH