Linux Tips

インストール後に改変されたファイルをリストアップするには

北浦訓行
2006/3/23

 rpmコマンドには、インストール後にファイルが改変されたか否かを調べる機能がある。例えばyumのパッケージを調べるには、以下のように-Vオプションを指定する。

# rpm -V yum
S.5....T  c /etc/yum.conf
..?.....    /usr/lib/python2.4/site-packages/repomd/__init__.py

 上記の例では2行出力されている。/etc/yum.confと/usr/lib/python2.4/site-packages/repomd/__init__.pyが改変されたファイルだ。

 先頭の「S.5....T」は、改変された内容を示している。意味は以下のとおりだ。

文字
意味
S ファイルのサイズが異なる
M モード(アクセス権とファイルの種類)が異なる
5 MD5チェックサムが異なる
D デバイスのメジャー番号/マイナー番号が異なる
L シンボリックリンクのリンク先が変更されている
U 所有者が異なる
G グループが異なる
T 更新時刻(mTime)が異なる
? パーミッションなどにより読み込めないファイル

 また、それに続いて「c」や「d」などの文字が表示されることがある。これは、ファイルがどのようなものであるかを示している。

文字
意味
c 設定ファイル
d ドキュメントファイル
g オリジナルのパッケージには含まれていないファイル
l ライセンスファイル
r readmeファイル

 -Vオプションを付けてrpmコマンドを実行した場合、意図的に変更したファイルに関しても改変が検知されてしまうため、改変が意図的かどうかをユーザー自身で判断しなければならない。

 ちなみに、-Vaオプションを付けると全パッケージの検査が行われる。実行完了までにはかなり時間がかかるので注意が必要だ。

# rpm -Va
(省略)
S.5....T  c /etc/yum.repos.d/fedora-extras.repo
S.5....T  c /etc/yum.repos.d/fedora-updates.repo
S.5....T  c /etc/yum.repos.d/fedora.repo
(省略)

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH