Linux Tips

Fedora Core 5で検索ツールBeagleを使うには

北浦訓行
2006/4/6

 Fedora Core 5(FC5)ではデスクトップ検索ツールBeagle(デスクトップ検索ツール「Beagle」を使うには参照)が採用されたため、GNOMEをインストールすると、ほとんど何も設定することなくデスクトップ検索を行うことができる。

 FC5でデスクトップ検索を行うには、デスクトップ上部にある[場所]メニューの[検索]を選択する。すると、[Desktop Search]のウィンドウが表示される。

[Desktop Search]のウィンドウ

 ただし、検索したい語句を[検索]ボックスに入力して[今すぐ見つける]ボタンをクリックすると、「検索のサービスが実行されていない」というメッセージが表示される。

「検索のサービスが実行されていない」というメッセージ

 画面上の[Start search service]ボタンをクリックすると、Beagleのデーモンが実行され、結果がウィンドウ上に表示される。

Beagleの検索結果

 「検索のサービスが実行されていない」というメッセージが表示されないようにする方法については、GNOMEでプログラムを自動実行するには(Fedora Core編)を参照。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH