Linux Tips

XenのドメインUにGUIでOSをインストールするには

北浦訓行
2006/4/27

 Fedora Core 5でXenを使うにはで、XenのドメインUにCUIでOSをインストールする方法を紹介した。ここでは、GUIでインストールする方法を説明する。GUIでインストールする利点は、日本語環境がデフォルトでインストールされる(インストール直後から日本語環境が使える)ことだ。

注:XenのドメインUでX Window Systemを使うにはで説明したとおり、後から日本語環境をインストールすることも可能。

 XenのドメインUにGUIでOSをインストールするには、VNCクライアントが実行可能でなければならない。LinuxでVNCクライアントを実行する方法は、LinuxでVNCサーバにアクセスするにはを参照。Windowsの場合は、Ultr@VNC(http://ultravnc.com/)やReal VNC(http://www.realvnc.com/)などが使える。

 VNCクライアントの準備が整ったら、Fedora Core 5でXenを使うにはの手順でXenの準備を行い、xenguest-install.pyコマンドでドメインUへのOSインストールを開始する。言語の選択画面では、[Japanese]を選択する。

言語の選択画面

 キーボードやネットワークなどの設定を終えると、X Window Systemの起動に失敗したというメッセージが表示される。ここでは[Start VNC]を選択して次に進む。

[Start VNC]を選択

 VNCのパスワード設定を行って次に進むと、GNOMEターミナル上に、

Press <enter> for a shell
XKB extension not present on :1

というテキストが表示される。この時点でVNCサーバが起動しているので、VNCクライアントからアクセスする。ここではWindows上でUltr@VNCのクライアントを実行したが、ドメイン0のOS上でVNCクライアントを実行しても構わない。

 ドメインUのFC5に接続すると、パスワードを入力するダイアログボックスが表示される。ここでは、vncpasswdコマンドで設定したパスワードを入力する。認証が成功するとUltr@VNCのウィンドウが開き、FC5のデスクトップ環境が表示される。

VNCクライアントに表示されたドメインU上のOSインストール画面

 後は、通常のインストール手順と同じだ。インストールが完了すると、再起動を求める画面が表示される。

インストール後に再起動を促す画面

 [再起動]のボタンをクリックすると、VNCクライアントのウィンドウが閉じてドメインU上のOSが終了する(xenguest-install.pyが終了して、ドメイン0のOSのシェルに戻る)。ドメインUのOSを起動するには、以下のコマンドを実行する。

# xm create -c fc5vm

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH