Linux Tips

XenのドメインUでX Window Systemを使うには

北浦訓行
2006/4/27

 Fedora Core 5でXenを使うにはでは、Fedora Core 5(FC5)にXenをインストールし、ドメインUにFC5をインストールする方法を説明した。ここでは、XenのドメインUにインストールしたFC5をGNOMEで操作する方法を紹介する。

 XenのドメインUでX Window Systemを使うには、VNCを利用するのが簡単だ。つまり、ドメインUのOS上でVNCサーバを起動しておき、VNCクライアントでドメインUのOSを操作するのだ。

 最初に、ドメインUのFC5にVNCサーバをインストールして/etc/sysconfig/vncserverの設定を行い、vncserverを起動する(Fedora Core 5でVNCサーバを動かすには参照)。以上で、ドメインU側の作業は完了だ。

 次に、別のPCあるいはドメイン0でVNCクライアントを実行し、ドメインUのFC5に接続する。認証が成功すると、VNCのウィンドウが開いてFC5のデスクトップ環境が表示される。

VNCクライアント上に表示されたドメインU上のFC5

 表示が英語になっているのは、Fedora Core 5でXenを使うにはでドメインUにOSをインストールしたときに言語を「English」に設定したためだ。

 表示を日本語にするには、[Applications]メニューの[Add/Remove Software]を選択する。Package Managerのウィンドウが表示されるので、左のペインで[Language]を選択して、右のペインで[Japanese Support]を選択する。

Package Managerのウィンドウ

 [Apply]ボタンをクリックするとパッケージのチェックが始まり、確認のメッセージが表示される。[Continue]ボタンをクリックすると、パッケージのダウンロードおよびインストールが行われる。

 次に、[System]メニューの[Administration]−[Language]を選択して、[Language Selection]ダイアログボックスで[Japanese - 日本語]を選択する。

[Language Selection]ダイアログボックス

 [OK]ボタンをクリックしたら、ドメイン0でターミナルエミュレータを開き、以下の手順でドメインUのOSを再起動する。

# xm list ←ドメインの一覧を表示
Name ID Mem(MiB) VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 365 2 r----- 3808.7
fc5vm 8 256 1 -b---- 31.2
# xm reboot 8 ←ID 8のドメインUをリブート
# xm list
Name ID Mem(MiB) VCPUs State Time(s)
Domain-0 0 365 2 r----- 3818.8
fc5vm 9 256 1 -b---- 8.5
# xm console 9 ←ID 9のドメインUのコンソールを表示

 ドメインUのログイン画面になったら、rootでログインしてVNCサーバを起動する。

# service vncserver start

 VNCクライアントでドメインUのFC5に接続すると、GNOMEが日本語で表示されるはずだ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH