Linux Tips

GNOMEのファイル共有機能を使うには

北浦訓行
2006/5/11

 Fedora Core 5のGNOME 2.14は、ファイルの共有機能をサポートしている。ホームディレクトリに作成した「Public」というディレクトリをWebDAVで共有するというもので、Windowsの共有ドキュメントと同様の機能を提供する。

 ファイル共有機能を利用するには、まずホームディレクトリにPublicディレクトリを作成する。そして、[デスクトップ]メニューの[設定]−[個人ファイルの共有]を選択して[ファイル共有の設定]ダイアログボックスを表示させる。

[ファイル共有の設定]ダイアログボックス

 [Publicなファイルをネットワーク上で共有する]をオンにし、(必要であれば)[パスワード要求の時期]を選択して[パスワード]を入力する。設定が完了したら[閉じる]ボタンをクリックする。以上で、ホスト側の設定は完了だ。

 GNOMEのNautilusでファイル共有機能にアクセスするには、デスクトップの[コンピュータ]をダブルクリックして、[ネットワーク]→[xxxx's public files on xxxxxxxx]という順にアイコンをダブルクリックする。[場所]バーを表示している場合は、そこに「network:」と入力して[Enter]キーを押す。

 Windowsからアクセスする場合は、[マイネットワーク]で[ネットワークプレースを追加する]をクリックする。[ネットワークプレースの追加]ウィザードに従って作業を進め、アドレスを入力する画面でWebDAVサーバのアドレスとポート番号、ディレクトリを入力する。ポート番号は、Nautilusで共有ファイルにアクセスした際に表示されるので、それを参照する。

[ネットワークプレースの追加]ウィザード

 ファイル共有機能は、mDNS/Bonjourという簡易ネットワーク設定機能で使用するポートなどを決定している。そのため、Windowsの場合は接続用のネットワークプレースを作成しても、次回にそれが使用できるとは限らないので面倒だ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「プログラマティック」とは何なのか――日本と米国の論点の違い
プログラマティックの分野で欧米と比べて出遅れている日本。なぜ日本ではなかなか進まな...

第2回 データドリブンマーケティングの視点から見たマーケティングリサーチ
今回はマーケティングリサーチの役割と商品開発段階におけるアプローチ方法からデータド...

第1回 CRMプロジェクトからの学びとCCO(Chief Customer Officer)の登場
CRMが日本に登場して約20年、企業は常に“成功事例”を模索しています。本連載では企業の...