Linux Tips

ホームディレクトリのデフォルトパーミッションを変更するには

北浦訓行
2006/6/8

 useraddコマンドやGNOMEの[ユーザーとグループ](system-config-users)で新規ユーザーを作成すると、ユーザーのホームディレクトリも同時に作成される。その際のデフォルトパーミッションは、Fedora Core 5(FC5)の場合、ユーザー(所有者)のみがrwxとなり(rwx------)、グループやそのほかのユーザーは読み書きできない。

 ホームディレクトリを新規作成する際のパーミッションは、/etc/login.defsのUMASK値で指定する。例えばFC5の場合、/etc/login.defsのUMASK値は、

UMASK           077

となっている。ユーザーのパーミッションは従来どおりで、グループに対して読み取り権限のみを与える状態(rwxr-----)でホームディレクトリが作成されるようにする場合は、

UMASK           037

とする。

 UMASKの値は、umaskコマンドで指定する値と同じである。UMASK値の算出方法については、ファイル新規作成時のパーミッションを変更するにはを参照。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH