Linux Tips

yumで速いリポジトリを自動的に選択するには

北浦訓行
2006/6/29

 Fedora Coreのyumコマンドは、ミラーリストから適当なサーバを選択してパッケージのアップデートなどを行う。運良く速いリポジトリに当たればいいが、遅いリポジトリに接続してしまうと、アップデートに時間がかかったり、接続がタイムアウトしたりする。

 「yum-fastestmirror」というプラグインをインストールすると、そうした事態を防ぐことができる。yum-fastestmirrorは、ミラーリストから速いリポジトリを自動的に選択してくれる。Fedora Extrasにパッケージが用意されているので、yumコマンドでインストールできる。

# yum install yum-fastestmirror

 yum-fastestmirrorを利用するために、特に何かをする必要はない。これまでどおりにyumコマンドを実行し、「Loading "fastestmirror" plugin」と表示されれば、yum-fastestmirrorは有効になっている。

# yum check-update
Loading "fastestmirror" plugin
(省略)

 ネットワークの状況にもよるが、yumが非常に高速になることを実感できるだろう。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH