Linux Tips

ファイルシステムのベンチマークを測定するには

北浦訓行
2006/7/20

 IOzone(http://www.iozone.org/)は、ディスクの入出力に関するさまざまなテストを行うことができるソフトウェアだ。

 IOzoneのソースファイルやバイナリは、IOzoneのWebサイトからダウンロードできる。tarボールのほかに、PRM(i386、ia64)やSRPM、Windows用のZIPファイルが用意されているが、Fedora Core 5の場合はFedora Extrasにパッケージが用意されているので、yumコマンドでインストールできる。

# yum install iozone

 インストールが完了したら、テストを実行する。

$ iozone -i 0 -i 1 -Rab test01.xls

 ここで指定したオプションの意味は、以下のとおり。オプションの詳細は、IOzoneのWebサイトにあるドキュメントを参照していただきたい。

 
オプション 意味
-a 自動テストモード
-b 出力ファイルの名前を指定
-i 数字 テストの内容を指定
0
write/rewrite
1
read/re-read
2
random-read/write
3
Read-backwards
4
Re-write-record
5
stride-read
6
fwrite/re-fwrite
7
fread/Re-fread
8
random mix
9
pwrite/Re-pwrite
10
pread/Re-pread
11
pwritev/Re-pwritev
12
preadv/Repreadv
-R Excelのファイルを出力

 指定したオプションによるが、テストにはそれなりの時間が必要だ。テスト中は、ターミナル上に検索結果が表示される。テストが完了すると、プロンプトが現れる。

 -Rオプションで出力したExcelファイルは、OpenOffice.orgでも読み込むことができる。

OpenOffice.orgで表示したベンチマークの結果

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH