Linux Tips

ユーザー認証をLDAPサーバで行うには

北浦訓行
2006/7/27

 ログイン時のユーザー認証をLDAPサーバで行うには、authconfigコマンドまたはautuconfig-gtkコマンドで設定を変更する。Fedora Core 5のGNOMEの場合は、[デスクトップ]メニューの[管理]−[認証]を選択する。

 [認証の設定]ダイアログボックスを開いたら、[ユーザー情報]タブで[LDAPサポートを有効にする]をオンにする。

[認証の設定]ダイアログボックスの[ユーザー情報]タブ

 次に、[LDAPの設定]ボタンをクリックして、[LDAP設定]ダイアログボックスで[ベースDN]と[LDAPサーバー]のボックスに必要な情報を入力する。

[LDAP設定]ダイアログボックス

 入力したら[OK]ボタンをクリックして[認証の設定]ダイアログボックスに戻り、[認証]タブをクリックする。そして、[LDAPサポートを有効にする]と[ネットワークサービスによる認証システムアカウント]をオンにする。

[認証の設定]ダイアログボックスの[認証]タブ

 [LDAPの設定]ボタンをクリックし、[LDAP設定]ダイアログボックスで[ベースDN]と[LDAPサーバー]のボックスに必要な情報を入力する。すべての設定が完了したら、[認証の設定]ダイアログボックスを閉じる。

 ちなみに、この設定は/etc/nsswitch.confというファイルに保存される。nsswitch.confのpasswd、groupなどの項目が以下のようにldapとなっていれば、LDAPサーバでの認証だと確認できる。

passwd:     files ldap
shadow:     files ldap
group:      files ldap

 以上により、次回のログインからLDAPサーバによるユーザー認証が行われるようになる。何らかの設定ミスによりログインできなくなった場合は、Linuxをシングルモードで起動して、/etc/nsswitch.confの各項目に記述されている「ldap」の文字をすべて削除する。こうして再起動すれば、ローカルの認証に戻るはずだ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第3回 潜在興味を言語化するカギ、Topic Modelの威力とは
潜在興味を炙り出す方法を発見し、そのための武器である「Topic Model」も手に入れました...

LINE、Google+を活用する企業がいずれも3割超え
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションとループス・コミュニケーションズ...

メディア企業コンデナストが考えるブランデッド/ネイティブコンテンツ
Maxifierが主催する「Maxifier Tokyo Summit 2014」が7月16日、東京の恵比寿で開催された...