Linux Tips

ボリュームラベルでUSBハードディスクの管理を効率化するには

北浦訓行
2006/8/17

 USB接続のハードディスクなどは、ほかのUSB機器によってデバイス名が変わってしまうことがある。そのため、接続するたびにデバイス名を確認しなければならない。このような環境の場合は、ドライブにボリュームラベルを付けて、そのボリュームラベルで管理すればデバイス名の変化に影響されなくなる。

 ボリュームラベルの設定/削除は、e2labelコマンドまたはtune2fsコマンド(+「-Lオプション」)で行う。/dev/sda3に「usbdrive」というボリュームラベルを設定するなら、以下のコマンドを実行する。

# e2label /dev/sda3 usbdrive

あるいは、

# tune2fs -L /dev/sda3 usbdrive

 デバイス名を引数にしてe2labelコマンドを実行すると、現在のボリュームラベルが表示される。

# e2label /dev/sda3
usbdrive

 このドライブを/media/usbhddにマウントする場合、/etc/fstabに以下のような設定を行う。

LABEL=usbdrive        /media/usbhdd         ext3    defaults      0 0

 設定済みのボリュームラベルを削除するには、以下のコマンドを実行する。

# e2label /dev/sda3 ""

 前述の方法で、ボリュームラベルを確認すると、何も表示されないことにより削除されたことが分かる。

# e2label /dev/sda3
  ←ボリュームラベルが削除された

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH