Linux Tips

無線LANをWPAで暗号化して使用するには

北浦訓行
2006/12/28

 無線LAN環境でwpa_supplicant(http://hostap.epitest.fi/wpa_supplicant/)を使用すれば、WPAによる暗号化が可能だ(注)。ここでは、BroadcomのBCM4306を搭載した無線LANカードをノートPCに差して、WPA-AES設定されたアクセスポイントへ接続する方法を紹介する。

注:Fedora Core 6(FC6)の場合、システムインストール時にデフォルトのインストールオプションを選択していれば自動的に導入される。

 まず、無線LANが使用できる状態かどうかを確認する。[システム]メニューの[管理]−[ネットワーク]を選択して、[ネットワーク設定](system-config-network)を起動する。

 [ネットワーク設定]のウィンドウが表示されたら、[ハードウェア]タブをクリックして、無線LANのデバイスが認識されていることを確認する。

[ネットワーク設定]ウィンドウの[ハードウェア]タブ。無線LANがeth2として認識されている

 次に、WPAの設定を行う。/etc/sysconfig/wpa_supplicantに以下の記述を追加する。

INTERFACES="-iwlan0"
      ↓
# INTERFACES="-iwlan0"
INTERFACES="-ieth2" ←[ネットワーク設定]ウィンドウで確認したデバイス名

DRIVERS="-Dndiswrapper"
      ↓
# DRIVERS="-Dndiswrapper"
DRIVERS="-Dwext"

 修正が完了したら、/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confの作成を行う。その準備として、wpa_passphraseコマンドでパスフレーズの暗号化を行う。wpa_passphraseコマンドの書式は以下のとおりだ。結果は標準出力に出力されるので、リダイレクトで任意のファイルに保存する(ここでは、tmp.confに保存している)。

wpa_passphrase SSID パスフレーズ

# wpa_passphrase myssid mypassphrase0123456789 > tmp.conf
# cat tmp.conf
network={
  ssid="myssid"
  #psk="mypassphrase0123456789"
  psk=df8c40a0c8c2baa2e2e500ea2512d8143c6f26f655eef6820461e273795aff3e
}

 続いて、/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confに先ほど作成したtmp.confの内容をコピー&ペーストする。

ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant
ctrl_interface_group=wheel

network={
  ssid="myssid"
  key_mgmt=WPA-PSK
  proto=WPA
  pairwise=CCMP
  group=CCMP
  #psk="mypassphrase0123456789" ←この行は削除可
  psk=df8c40a0c8c2baa2e2e500ea2512d8143c6f26f655eef6820461e273795aff3e
}

 上記の作業が完了したら、wpa_supplicantのサービスを起動する。

# service wpa_supplicant start

 次に、wpa_supplicantのサービスが自動的に起動するように設定し、システムを再起動する。

# chkconfig wpa_supplicant on
# reboot

 再起動後、有線LANと無線LANを切り替えるツール「NetworkManager」を起動する。[システム]メニューの[管理]−[Services]を選択して、[サービスの設定]ウィンドウを表示する。左のボックスにある[NetworkManager]という項目にチェックを入れて[開始]をクリックする。

[サービスの設定]ウィンドウでNetworkManagerを起動する

 デスクトップの右上に[NetworkManagerアプレット]のアイコンが表示されるはずだ。有線LANに接続しているときには、イーサネットケーブルのコネクタのアイコン、無線LANに接続しているときは電波の強度を示すアイコンが表示される。

中央がNetworkManagerアプレットのアイコン

 [サービスの設定]ウィンドウの[保存]ボタンをクリックして設定を保存して、[サービスの設定]ウィンドウを閉じる。

 次に、[NetworkManagerアプレット]のアイコンをクリックして、アクセスポイントがリストアップされているかどうかを確認する。リストアップされていたら、それを選択する。

アクセスポイントのリスト

 アクセスポイントがリストにない場合は、[他のワイヤレスネットワークへの接続]を選択する。[他のワイヤレスネットワークへの接続]ダイアログボックスが表示されたら、[ネットワーク名]のボックスにSSIDを入力する。

[他のワイヤレスネットワークへの接続]ダイアログボックス

 そして、[ワイヤレスセキュリティ]から[WPA Personal]を選択するとダイアログボックスのサイズが変わり、パスワードを入力するボックスが表示される。

パスワードを入力するボックスが表示された[他のワイヤレスネットワークへの接続]ダイアログボックス

 パスワードを入力して[種別]ボックスで[AES-CCMP]を選択して、[接続]ボタンをクリックすると[キーリング(デフォルト)の生成]ダイアログボックスが表示される。

キーリングのパスワードを入力するダイアログボックス

 キーリング用のパスワードを入力して[OK]ボタンをクリックすると、無線LANの接続が確立される。

無線LANの接続が確立されたときに表示されるメッセージ

 システム起動後、最初に無線LANへ接続する際にはキーリングのパスワード入力が必要となる。

キーリングのパスワードを入力するダイアログボックス

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH