Linux Tips

SELinuxのログの出力先を変更するには

北浦訓行
2007/2/1

 Fedora Core 6の初期設定では、SELinuxのログはカーネルログとして/var/log/messagesに記録される。ここでは、SELinuxのログを別のファイルに出力する方法を紹介する。

 rootでログインして、/etc/syslog.confに以下の行を追加する。ここでは、/var/log/selinux.logというファイルに出力する。

kern.err /var/log/selinux.log ←追加
/etc/syslog.confに追加する内容

 上記の記述が完了したら、以下のコマンドでsyslogを再起動する。

# service syslog restart

 これで、SELinuxのログが/var/log/selinux.logに記録される。ただし、kern.errで定義されているほかのログも記録されるので注意が必要だ。

Jan 22 16:01:20 athlon2000 kernel: audit(1169449280.242:9): 
avc:  denied  { write } for  p
id=3893 comm="tapdisk" name="vmdisk" dev=hda5 ino=2735562
 scontext=system_u:system_r:xend_
t:s0 tcontext=user_u:object_r:user_home_t:s0 tclass=file
selinux.logの例

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH