Linux Tips

ソフトウェアキーボードを使うには

北浦訓行
2007/3/7

 GNOMEには「GOK(GNOME Onscreen Keyboard)」というオンスクリーンキーボード(ソフトウェアキーボード)が用意されている。GOKは、よくあるソフトウェアキーボードとは異なり、表示されるウィンドウやダイアログボックスによってダイナミックにボタンが変化する。また、ウィンドウ操作やマウス操作なども行える多機能キーボードだ。

 GOKを使用するには、[システム]メニューの[設定]−[アクセシビリティ]−[支援技術(Assistive Technology)の設定]を選択する。すると、[支援技術(Assistive Technology)の設定]ウィンドウが表示されるので、[支援技術を有効にする]をオンにする。続いて[オンスクリーン・キーボード]をオンにする。

[支援技術(Assistive Technology)の設定]ウィンドウ

 [閉じてログアウトする]ボタンをクリックして再ログインすると、オンスクリーンキーボード(ソフトウェアキーボード)が表示される。警告メッセージなどが表示される場合には、[OK]ボタンをクリックして閉じる。

警告メッセージとともに表示されたGOK

 上記の画面では、GOKのボタンが警告ダイアログボックスに表示されているボタンと同じ内容になっている。これが冒頭で紹介した「表示されるウィンドウやダイアログボックスによってダイナミックにボタンが変化する」という意味だ。

 [OK]ボタンをクリックして警告ダイアログボックスが消えると、GOKが標準的なボタン構成に変化する。

標準的なGOKの画面

 GOKの標準的な画面には、[キーボード][ウィンドウ][マウス][ランチャ][実行中][GOK][メニュー][ツールバー][UIの取得]の9つのボタンがある。各ボタンの機能は以下のとおりだ。

ボタン
機能
キーボード ソフトウェアキーボードが表示される。キーをクリックすると、選択しているウィンドウに入力される
ウィンドウ GOKのウィンドウサイズの変更や移動操作ができる
マウス マウスポインタの移動やクリック操作ができる
ランチャ デフォルトとなっている端末、Webブラウザ、テキストエディタ、ヘルプブラウザを起動できる
実行中 現在開いているウィンドウの切り替えを行う
GOK GOKの設定変更やGOKの終了ができる
メニュー 現在アクティブになっているウィンドウのメニューが表示される
ツールバー 現在アクティブになっているウィンドウのツールバーが表示される
UIの取得 現在アクティブになっているウィンドウの機能が表示される

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH