Linux Tips

システム起動時に特定のコマンドを実行するには

北浦訓行
2007/5/23

 .bash_profileと.bashrcの違いはGNOMEでプログラムを自動実行するには(Fedora Core編)などで、ログイン時にプログラムを自動実行する方法を紹介した。ここでは、システム起動時に各ユーザーのモードで特定のプログラムを実行する方法を紹介する。

 システム起動時に特定のコマンドを実行する場合はcronを利用する。例えば、一般ユーザーでシステムを起動した際に、その時刻をファイルに記録する場合は、以下の手順でcrontabコマンドを実行する。

$ crontab -e

 テキストエディタ(Fedora Core 6のデフォルトではvi)が起動するので、以下の記述を追加する。

@reboot date >> ~/startup.log

 記述が完了したら、システムを再起動する。これで、ホームディレクトリにstartup.logというファイルが作成され、日付と時間が記録されているはずだ。以降、再起動ごとに~/startup.logに日付と時間が追加される。

 以下が、cronで指定できる主なキーワードだ。

キーワード
機能
@reboot 起動時に1度だけ実行
@yearly 1年に1度だけ実行(「0 0 1 1 *」と同等)
@annually @yearlyと同じ
@monthly 1カ月に1度だけ実行(「0 0 1 * *」と同等)
@weekly 1週間に1度だけ実行(「0 0 * * 0」と同等)
@daily 1日に1度だけ実行(「0 0 * * *」と同等)
@hourly 1時間に1度だけ実行(「0 * * * *」と同等)

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第7回 どこでも働ける時代にオフィスビルでつながること、学べること――三井不動産が変える日本橋の今と未来
日本橋再生計画という東京を代表する都市開発プロジェクトを主導する三井不動産が、日本...

心の扉を開くBtoBコミュニケーション――紙のDMの意外な力
BtoBにおける購買担当者の“心”の扉を開くにはどうすればよいのか? IT時代と言われる現...

第3回 「見込み客」を「確度の高い見込み客」にするための管理/育成手法
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の...