Linux Tips

システム起動時に特定のコマンドを実行するには

北浦訓行
2007/5/23

 .bash_profileと.bashrcの違いはGNOMEでプログラムを自動実行するには(Fedora Core編)などで、ログイン時にプログラムを自動実行する方法を紹介した。ここでは、システム起動時に各ユーザーのモードで特定のプログラムを実行する方法を紹介する。

 システム起動時に特定のコマンドを実行する場合はcronを利用する。例えば、一般ユーザーでシステムを起動した際に、その時刻をファイルに記録する場合は、以下の手順でcrontabコマンドを実行する。

$ crontab -e

 テキストエディタ(Fedora Core 6のデフォルトではvi)が起動するので、以下の記述を追加する。

@reboot date >> ~/startup.log

 記述が完了したら、システムを再起動する。これで、ホームディレクトリにstartup.logというファイルが作成され、日付と時間が記録されているはずだ。以降、再起動ごとに~/startup.logに日付と時間が追加される。

 以下が、cronで指定できる主なキーワードだ。

キーワード
機能
@reboot 起動時に1度だけ実行
@yearly 1年に1度だけ実行(「0 0 1 1 *」と同等)
@annually @yearlyと同じ
@monthly 1カ月に1度だけ実行(「0 0 1 * *」と同等)
@weekly 1週間に1度だけ実行(「0 0 * * 0」と同等)
@daily 1日に1度だけ実行(「0 0 * * *」と同等)
@hourly 1時間に1度だけ実行(「0 * * * *」と同等)

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第3回 潜在興味を言語化するカギ、Topic Modelの威力とは
潜在興味を炙り出す方法を発見し、そのための武器である「Topic Model」も手に入れました...

LINE、Google+を活用する企業がいずれも3割超え
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションとループス・コミュニケーションズ...

メディア企業コンデナストが考えるブランデッド/ネイティブコンテンツ
Maxifierが主催する「Maxifier Tokyo Summit 2014」が7月16日、東京の恵比寿で開催された...