Linux Tips

ドライブの自動マウントを無効にするには

北浦訓行
2007/8/29

 多くのディストリビューションでは、USBメモリや外付けHDDを接続すると自動的にマウントされて、ファイルの一覧が表示される。これは非常に便利な機能だが、誤ったドライブにデータを保存してしまうといった間違いを引き起こす原因にもなる(「GNOMEでCD-ROMの自動マウントを止めるには」参照)。

 ドライブの自動マウントを取りやめる方法は、ランレベル3とランレベル5で異なる(「ランレベルとは」参照)。

 ランレベル3の場合は、以下のコマンドでautofsデーモンを停止させる。

# service autofs stop

 Fedora 7の場合、システムを起動するとautofsが自動的に起動するように設定されている。これを止めるには、以下のコマンドを実行すればいい。

# chkconfig autofs off

 ランレベル5の場合は、autofsは使用されない。ここでは、GNOMEとKDEの設定方法を紹介する。ちなみに、ランレベル5の場合は、ログインしているユーザーごとの設定になるので注意が必要だ。

 GNOMEの場合は、[システム]メニューの[設定]−[ハードウェア]−[リムーバブル・デバイスとメディア]を選択する。すると、[リムーバブル・ドライブとメディアの設定]ダイアログボックスが表示される。

 [ストレージ]タブの[ドライブがホット・プラグされたらマウントする]をオフにすると、USBメモリや外付けHDDなどを接続しても、自動マウントはされなくなる。[メディアが挿入されたらマウントする]をオフにすると、CDドライブやDVDドライブにメディアを挿入しても自動マウントされなくなる。[メディアが挿入されたら参照する]をオフにすると、自動マウント後にファイル一覧が表示されなくなる。

GNOMEの[リムーバブル・ドライブとメディアの設定]

 KDEの場合は、コントロールセンターを起動して、[KDE]コンポーネントの[サービスマネージャ]を表示する。そして、画面右の[起動時に開始するサービス]にある[KDEDメディアマネージャ]を選択して[停止]をクリックする。次回起動時にも自動マウントを無効にする場合は、左端のチェックボックスをオフにして、[適用]ボタンをクリックする。

KDEのコントロールセンター(クリックで拡大します)

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH