Linux Tips

RPMパッケージのリビルドで.specにエラーが発生するときは

北浦訓行
2007/12/26

 「tarボールからRPMファイルを作成するには」で説明したように、tarボールにSPECファイルが含まれる場合、rpmbuildコマンドでtarボールからRPMファイルを作成できる。

【関連記事】
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/special/mkrpm/mkrpm01.html
自分で作るRPMパッケージ

 ところが、場合によっては、以下のようなエラーが表示されてしまう。

【日本語のエラーメッセージ】
# rpmbuild -bb foo.spec
エラー: 旧来の構文はサポートされません: copyright
エラー: 11 行目: 不明なタグ: Copyright: GPL

【英語のエラーメッセージ】
# rpmbuild -bb foo.spec
error: Legacy syntax is unsupported: copyright
error: line 11: Unknown tag: Copyright: GPL

 このエラーは、rpm 4.1から、ライセンスの定義を行うタグが「Copyright」から「License」に変更されたために発生する。従って、テキストエディタで.specファイルを開いて、以下の行を修正すればいい。

Copyright: GPL
    ↓
License: GPL

 テキストエディタを保存終了して、再度rpmbuildコマンドを実行すると、RPMパッケージが正常に作成されるはずだ。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH