Linux Tips

システムトレイにアプリケーションを常駐させるには

北浦訓行
2008/1/16

 大規模なアプリケーションは、最新のPCであっても起動にそれなりの時間がかかってしまう。そのようなアプリケーションを高速に起動するために、システム上に常駐させる手法が取られることがある。

 この方法は有効だが、アプリケーションにそれに対応した機能がなければならない。しかし、AllTrayhttp://alltray.sourceforge.net/)というツールを使用すると、指定したアプリケーションをシステムトレイに格納して、システム上に常駐させることができる。AllTrayは、GNOMEKDE、XFCE 4、Fluxbox、WindowMakerの各デスクトップ環境に対応しているため、たいていのシステムで使用することができるだろう。

 ここでは、Fedora 8でAllTrayを使用する方法を説明する。

 Fedora 8の場合、AllTrayはyumコマンドでインストールすることができる。

# yum install alltray

 インストールが完了すると、[アプリケーション]メニューの[アクセサリ]に[AllTray]というメニュー項目が追加される。

 まず、システムトレイに格納したいアプリケーションを起動する。ここでは、Firefoxを格納してみる。Firefoxが起動したら、[アプリケーション]メニューの[アクセサリ]−[AllTray]を選択してAllTrayを起動する。すると、デスクトップの中央にAllTrayの画面が表示される。

[ユーザ]パネル
AllTrayの画面

 この状態で、システムトレイに格納したいアプリケーション(ここではFirefox)のウィンドウをクリックすると、Firefoxがシステムトレイに格納される。

[ユーザ]パネル
システムトレイに格納されたFirefox

 Firefoxを使用するときは、システムトレイの[Firefox]アイコンをクリックする。すると、一瞬でFirefoxのウィンドウがデスクトップに表示される。

 ただし、ここで説明した方法では、ログアウトしたときに常駐が解除されてしまう。ログイン時に自動的に常駐させる方法については、「ログイン時にアプリケーションを常駐させるには」を参照してほしい。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH