Linux Tips

ログイン時にアプリケーションを常駐させるには

北浦訓行
2008/1/16

 「システムトレイにアプリケーションを常駐させるには」で常駐させたアプリケーションは、ログアウトによってクリアされてしまい、再ログインしても自動的には常駐してくれない。そこで、Fedora 8でAllTrayを使用して、ログイン時にアプリケーション(ここではFirefox)を常駐させる方法を説明する。

 AllTrayがインストールされていない場合は、yumコマンドでインストールする。

# yum install alltray

 次に、[アプリケーション]メニューの[アクセサリ]−[テキスト・エディタ]を選択して、geditを起動する。そして、以下の記述を行う。

#!/bin/bash
alltray firefox &

 ツールバーの[保存]ボタンをクリックして、ホームディレクトリに「.firefox-start.sh」という名前で保存して、geditを終了する。

 続いて、[アプリケーション]メニューの[システムツール]−[端末]を選択して、以下のコマンドを実行する。

$ chmod +x .firefox-start.sh

 ここで、ファイルが正しく作成されているかどうか、以下のコマンドを実行して確認する。システムトレイにFirefoxが格納されれば、ファイルが正しく作成されている。

$ ~/.firefox-start.sh

 最後に、[システム]メニューの[設定]−[ユーザ向け]−[セッション]を選択する。[セッション]ウィンドウが表示されたら[追加]ボタンをクリックして、[新しく自動起動するプログラム]ダイアログボックスの[名前]ボックスに「Firefox Start」、[コマンド]ボックスに「/home/<ユーザー名>/firefox-start.sh」と入力して[OK]ボタンをクリックする。

[ユーザ]パネル
[新しく自動起動するプログラム]ダイアログボックス

 [セッション]ウィンドウに、設定した[Firefox Start]の項目が作成されていることを確認したら、[閉じる]ボタンをクリックして[セッション]ウィンドウを閉じる。

[ユーザ]パネル
[Firefox Start]の項目が作成された[セッション]ウィンドウ

 以上で、再ログイン時にも自動的にFirefoxがシステムトレイに格納されるようになる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH