Linux Tips

LVMをGUIで管理するには

北浦訓行
2008/5/8

 FedoraやCentOSなどのRed Hat系Linuxでは、LVMの管理を「論理ボリューム管理(system-config-lvm)」というGUIツールで行うことができる。ここでは、「論理ボリューム管理」のインストールおよび使用法を説明する。

【注意】
論理ボリュームの操作は、正常に実行されれば既存のデータはそのまま残る。しかし、誤操作やソフトウェアの不具合などによってファイルを失ってしまう可能性があるため、事前のバックアップが必要だ。

 Linuxインストール時のオプションによっては、「論理ボリューム管理」はインストールされない。その場合は、yumコマンドでインストールする。

# yum install system-config-lvm

 インストールが完了したら、[システム]メニューの[管理]−[論理ボリューム管理]を選択して、「論理ボリューム管理」を起動する。すると、LVMのスキャンが行われてその結果が表示される。

「論理ボリューム管理」の画面

【注意】
システムがインストールされた論理ボリュームに対して、サイズ変更などの操作を行うことはできない。その場合には、Fedora Live CDなどを利用する必要がある。ここではFedora 8のLive CDを利用して、CentOSがインストールされた論理ボリュームの変更を行った。

 画面左のペインでボリュームグループなどを選択すると、その詳細な情報が表示される。

ボリュームグループ(VolGroup00)の詳細情報

 論理ボリュームのサイズを変更したり削除したりするには、画面左のペインで対象となる論理ボリュームを選択して、画面中央ペインの下に表示されるボタンをクリックする。

名前を付けて保存
論理ボリュームの選択

 例えば、LogVol00という論理ボリュームを選択して[プロパティの編集]ボタンをクリックすると、[論理ボリュームの編集]ダイアログボックスが表示される。現状では、ボリュームの約半分が論理ボリュームに割り当てられていることが分かる。

[論理ボリュームの編集]ダイアログボックス

 このダイアログボックスで、[LVサイズ]を変更して[OK]ボタンをクリックすると、論理ボリュームのサイズが変更される。その際には、ファイルシステムのチェックやリサイズも同時に行ってくれるので、「論理ボリュームを縮小するには」や「論理ボリュームを拡大するには」のように、ファイルシステムのリサイズと論理ボリュームのリサイズを別々に行う必要はない。

【関連記事】
LVMの情報を表示するには
論理ボリュームを縮小するには
論理ボリュームを拡大するには
新しい論理ボリュームを作成するには

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH