Linux Tips

ログアウト時の画面を次回ログイン時に再現するには

北浦訓行
2008/8/13

 GNOMEには、任意のセッションを保存する機能がある。この機能を利用すれば、ログアウト時の画面を次回ログイン時に再現することができる。ここでは、その方法を紹介する。

 まず、[システム]メニューの[設定]−[ユーザ向け]−[セッション]を選択する。すると、[セッションのプロパティ]ダイアログボックスが表示されるので、[オプション]タブをクリックする。そして、[ログアウト時に実行中のアプリを自動的に記憶しておく]にチェックマークを付ける。

[セッションのプロパティ]ダイアログボックスの[オプション]パネル

 [閉じる]ボタンをクリックすると、ログアウト時の画面(各アプリケーションのウィンドウ)が保存され、次回のログインで自動的にそれらが開くようになる。

 ちなみに、Linuxを常にある特定の状態で起動したいときは、ログイン時に開きたいウィンドウを画面上に配置した状態で、[オプション]パネルの[現在実行中のアプリを記憶する]ボタンをクリックする。すると、パネル上に「セッションを保存しました。」というメッセージが表示される。次回以降、ログインするとセッションを保存したときのウィンドウが開くようになる。

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH