Linux Tips

Fedora 9にVMware Toolsをインストールするには

北浦訓行
2008/9/17

 VMware仮想マシン上のFedora 9VMware Toolsをインストールすると、インストール作業自体は正常に完了するが、設定プログラム(vmware-config-tools.pl)を実行するとエラーになってしまう。これは、vmware-config-tools.plが想定しているデフォルトのフォルダ構成が、Fedora 9では一部異なるために発生する。

 ここでは、デフォルトのオプションを選択してインストールした仮想マシン上のFedora 9にVMware Toolsをインストールする手順を説明する。

 VMware Toolsを使用するには、コンパイラ(GCC)やカーネルヘッダ(kernel-devel)などが必要になる。これらは、以下のコマンドでインストールできる。

# yum install gcc kernel-devel

 次に、VMware Toolsをインストールする。X Windows Systemを起動したら、VMware Workstationの[VM]メニューを開いて[VMware Toolsのインストール]を選択すると、デスクトップ上にVMware Toolsという名称のCD-ROMアイコンが表示される。このアイコンをダブルクリックすると、[認証]ダイアログボックスが表示されるので、rootのパスワードを入力して[認証する]ボタンをクリックする。すると、VMware Toolsのrpmパッケージがインストールされる。

 インストールが完了したら、VMware Toolsの設定プログラム(vmware-config-tools.pl)を起動する。その際には、GNOME端末などのターミナルエミュレータで実行しなければならない。

 GNOME端末を起動したら、rootになってlnコマンドでカーネルヘッダがインストールされたディレクトリのシンボリックリンクを作成する。

# ln -s /usr/src/kernels/2.6.25.14-108.fc9.i686 /usr/src/linux

 そして、VMware Toolsの設定コマンドを実行する。

# vmware-config-tools.pl

 途中で設定について何度も質問されるが、原則として[Enter]キーを押していけばいい。最終的に以下のように、画面解像度を指定する画面になるので、解像度を数字で指定する。

画面解像度を指定する画面

 しばらくして「Enjoy,」というメッセージが表示されたら、VMware Toolsのインストールは完了だ。この瞬間から、マウスポインタがホストOSとゲストOS間でシームレスに移動できるようになる。また、vmware-toolboxコマンドでVMware Toolsのプロパティが表示される。

[VMware Tools Properties]ダイアログボックス

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH