Linux Tips

Silverlight対応のWebサイトを表示するには

北浦訓行
2008/10/8

 Silverlightは、米マイクロソフトが開発・リリースしている、リッチコンテンツをWebブラウザで表示するためのプラグインだ。ユーザーから見ると、アドビシステムズのFlashと同じような効果を与えるソフトウェアだ。

 しかし、マイクロソフトからは、Windows版とMac OS X版のSliverlightしかリリースされていない。ここでは、Silverlight対応のWebサイトをLinuxで表示する方法を説明する。

【関連記事】
連載:.NETを知らない人でも分かるSilverlight入門(@IT リッチクライアント&帳票)
MS、Flash対抗「Silverlight」を正式リリース(@IT News)

 LinuxでSilverlight対応のWebサイトを表示するには「Moonlight」を使用する。MoonlightはMonoプロジェクトが開発中のプラグインで、Silverlight用のコンテンツを含むWebサイトをLinux上で表示することができる。いわば、Silverlightのオープンソース版という位置付けのソフトウェアだ。

 Moonlightは、MoonlightのWebページからダウンロードする。原稿執筆時点では、1.0および2.0の実験版がダウンロードできる。今回は1.0をダウンロードした。

画面1
MoonlinghtのWebページ

 ダウンロードボタンをクリックして、MoonlightのWebサイトからのダウンロードを許可すると、[ソフトウェアのインストール]ダイアログボックスが表示される。

画面2
[ソフトウェアのインストール]ダイアログボックス

 [今すぐインストール]ボタンをクリックしてMoonlightをインストールし、Firefoxを再起動すると、Moonlightが使用可能になる。

 Moonlightの動作を確認するには、Silverlightのサンプルが掲載されたWebページを表示するのが簡単だ。例えば、マイクロソフトのSilverlightポータルでは、さまざまなサンプルが公開されている。試した限りでは、残念ながらMoonlightでは動作しないサンプルが多い。

画面3
動作しないサンプル

 以下は、1.0 SAMPLESのページで表示したサンプルの一例だ。

画面4
Slide.Show

画面5
Silverlight Poker Game

画面6
Ball Watch Company's Trainmaster Cannonball Watch

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH