Linux Tips

GUIでアンチウイルスソフトClamAVを使うには

北浦訓行
2010/7/7

 ClamAVは、オープンソースで開発されているアンチウイルスソフトだ。ただし、Windowsのアンチウイルスソフトとは違って、ウイルスのスキャンなどは、GNOME端末などのターミナルエミュレータもしくはコンソールからコマンドを実行しなければならず、使い勝手がよくない。そこでここでは、GUIで操作可能なKlamAV(ClamAVのフロントエンドソフトウェア)のインストールと使用法を説明する。

 Fedoraの場合、ClamAVとKlamAVはyumコマンドでインストールできる。その際には、KlamAVだけを指定すれば、依存関係のあるClamAVも一緒にインストールされる。

# yum install klamav

 インストールが完了したら、[アプリケーション]メニューの[システムツール]→[KlamAV]を選択して、KlamAVを起動する。KlamAVが起動すると、初回には[First-Run Wizard]が起動する。

[First-Run Wizard]
[First-Run Wizard]

 [Next]ボタンをクリックすると、ウイルス定義ファイルや隔離用のディレクトリを設定する画面が表示される。ここは原則としてデフォルト設定のままで構わないが、[Check for updates to the signature database now]のチェックボックスがオンになっていることは必ず確認する。

\ディレクトリ設定画面
ディレクトリ設定画面

 [Finish]ボタンをクリックするとウィザードが閉じて、KlamAVのウィンドウが表示される。最初は[Update]タブが開いて、自動的に最新のウイルス定義ファイルがダウンロードされる。

定義ファイルのダウンロード
ウイルス定義ファイルのダウンロード

 以上で基本的な準備は完了だ。ウイルルスキャンを実行するには、[Scan]タブをクリックして、スキャン対象のディレクトリを選択する。

[Scan]タブ
KlamAVの[Scan]タブ

 この画面では、[Schedule]ボタンをクリックすることにより、スキャンのスケジュールを設定することも可能だ。

 スキャン対象のディレクトリを設定したら、[Scan]ボタンをクリックする。ウイルスに感染したファイルが見つかった場合は、Quarantine(隔離)するかどうかを確認するダイアログボックスが表示される。

[Quarantine Infected files]
[Quarantine Infected files]ダイアログボックス

 ダイアログボックスで選択した内容は、KlamAVの[Scan]画面に表示される。

ステータスが[Quarantine]に
ステータスが[Quarantine]になっている

【関連記事】
脅威が日常化した時代へ備える「ClamAV」
LinuxでアンチウイルスソフトClamAVを使うには

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH