SugarCRM

第4回 ソースコードまで踏み込んでビューをカスタマイズ


オープンソースのSFA/CRMアプリケーション「SugarCRM」は、利用者に合わせてカスタマイズを加えていくことで、より真価を発揮することができます。この連載では、ソースコードの内容を把握した上でさまざまなカスタマイズを加えていくまでを紹介します(編集部)

河村 嘉之
オープンソースCRM株式会社
2008/12/18


 前回「ソースコードを読む前に知っておきたい基本動作」では、SugarCRMの基本動作について説明しました。SugarCRMでは、バージョン5.0からMVCパターンに基づいてアプリケーションが設計されています。そのため、アプリケーションは、表示を担当する「ビュー」、データとロジックを担当する「モデル」、それらをコントロールする「コントローラ」に分離されて構成されています。

 今回は、ビューの部分にフォーカスして、どのように表示する画面が生成されるか、そしてそれをカスタマイズするためにはどうすればよいかなどを説明していきます。

カスタマイズを保護する「アップグレードセーフ」

 初めに、SugarCRMにカスタマイズを加える際に、どのようにファイルを修正すればいいか考えてみましょう。

 SugarCRMは、ソースコードが入手可能なため、ソースコードを変更してカスタマイズを加えることができます。実装言語としてPHPを使用しているため、SugarCRMをインストールしたディレクトリにあるファイルを編集することにより、すぐにその変更がアプリケーションに反映されます。

 一方、リリース後に見つかった不具合などの修正のため修正パッチが提供され、それを適用することにより、アプリケーションの問題点が修正されていきます。

 インストールされたSugarCRMのソースコードをカスタマイズのために編集し、その後、修正パッチを適用すると、カスタマイズ対象のファイルと修正パッチの変更対象のファイルが同一となる可能性があります。このような場合、カスタマイズしたファイルが上書きされてしまう危険性があります。SugarCRMでは、このような状況に対応するため、アップグレードセーフなカスタマイズの仕組みを持っています。

 例えば、連載の第2回で説明したスタジオ機能を用いて、既存のモジュールのレイアウトなどに変更を加えたとします。このような変更によって、もともとのソースコードが直接変更されてしまうような仕組みを取っていると、パッチを適用した途端にカスタマイズによる変更が上書きされ、消えてしまう可能性があります。では、このような後から加えられた変更はどこに保持されるのでしょうか?

 実際にはこのような変更は、SugarCRMをインストールしたディレクトリの下のcustomディレクトリに保存されています。

 このcustomディレクトリに保存されたファイルは、パッチによる修正やバージョンアップの際にも上書きされることはありません。customディレクトリ以下に特定の名前付けルールに従って配置されたファイルは、デフォルトの挙動を記述したファイルよりも優先してアプリケーションに読み込まれます。そのため、コントローラの挙動を変えたり、ビューで生成される画面の配置を変更したり、モデルで実行されるロジックを変えるなど、アプリケーション独自のカスタマイズを加えたい場合は、このディレクトリに変更を加えたファイルを置くことにより、そのコードが実行されることになります。

 このようにSugarCRMでは、customディレクトリに名前付けルールに従ってファイルを配置することによって、パッチやバージョンアップなどに上書きされないアップグレードセーフなカスタマイズの仕組みを提供しています。

 一方、このディレクトリに配置されたファイルは、パッチによる修正やバージョンアップによるロジックの変更に追随しません。そのため、パッチ適用後やバージョンアップ作業後は、custom以下に保存されているファイルとアプリケーションのロジックの整合性が取れているかを確認してください。

第3回へ
1/3

Index
徹底解剖、SugarCRM(4)
 ソースコードまで踏み込んでビューをカスタマイズ
Page 1
 カスタマイズを保護する「アップグレードセーフ」
  Page 2
 画面を定義する「メタデータアーキテクチャ」
  Page 3
 レイアウトのカスタマイズ
 ソースへのカスタムコード追加
 今回のまとめ

Linux Square全記事インデックス


 Linux Squareフォーラム 仮想化技術関連記事
連載:実践! Xenで実現するサーバ統合
有力な仮想化技術として注目を集めるようになった「Xen」。このXenを活用してサーバ統合を実践していく手順を具体的に紹介します
特集:サーバの仮想化技術とビジネス展開の可能性
jailからUML/VMwareまで
1台のマシンで複数のサーバを動かす「仮想化技術」。VMwareやUMLの登場により、WebサイトだけでなくOS自体を仮想化できるようになった
特集:仮想化技術のアプローチと実装
VMwareから要注目技術Xenまで

1台のサーバで複数の仮想マシンを実行する仮想化技術は、空間コストを引き下げる可能性を持つ。最新の仮想化技術を概観してみよう
特集:仮想OS「User Mode Linux」活用法
技術解説からカーネルカスタマイズまで
Linux上で仮想的なLinuxを動かすUMLの仕組みからインストール/管理方法やIPv6などに対応させるカーネル構築までを徹底解説
特集:仮想化技術の大本命「Xen」を使ってみよう
インストール & Debian環境構築編

高いパフォーマンスで本命の1つとなった仮想マシンモニタ「Xen」。日本語による情報が少ないXenを、実際に動かしてみよう
特集:仮想化技術の大本命「Xen」を使ってみよう
Xen対応カスタムカーネル構築編

Xen環境およびその上で動作する仮想マシン用カーネルを自分で構築しよう。これにより、自由にカスタマイズしたカーネルを利用できる
特集:IPv6、UML、セキュリティ機能の統合
全貌を現したLinuxカーネル2.6[第4章]

今回は、これまでに紹介し切れなかった機能を一気に紹介する。これを読めば、カーネル2.6の正式リリースが楽しみになるだろう
Linux Squareプロダクトレビュー VMware Workstation 4
PC/AT互換機エミュレータとして不動の地位を築いたVMware。その新バージョンがリリースされた。新機能を早速試してみよう
古くて新しい「サーバ仮想化技術」の行方
サーバ仮想化を実現するための技術がソフトウェア、ハードウェアの両面で出そろってきた。ハイパーバイザーのさらなる高速化に向けた動きを紹介する
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH