ゼロ円でできるデュアルブート
LinuxとWindows 2000を共存させる

中澤勇
株式会社アットマーク・アイティ
2000/11/14

OS Loaderを使おう

 以前、ゼロ円でできるデュアルブート LinuxとWindowsを共存させると題して、LinuxとWindows 98(Me含む)のデュアルブート環境の構築方法を紹介した。今回はその続編として、LinuxとWindows 2000によるデュアルブート環境を構築してみよう。

 Windows 98と同様、Windows 2000でもいくつかの方法が考えられる。前回紹介したloadlin.exeを使うことも可能だし、System CommanderなどのブートセレクタもWindows 2000に対応している。

 その中で、今回はWindows 2000標準のOS Loaderを使う方法を紹介する。DOSおよびWindows 9xにしか対応していないと思われがちだが、OS Loaderは意外にもLILOに匹敵するほどの汎用性がある。Linuxもちょっとした作業を行うだけでOS Loaderに登録できるのである。

 なお、デュアルブート環境構築に必要な基礎知識など、前回解説したものに関しては割愛させていただく。これらについてはLinuxとWindowsを共存させるを適宜参照していただきたい。

1/4

Index
続ゼロ円でできるデュアルブート
LinuxとWindows 2000を共存させる
  1. OS Loaderを使おう
  2. パーティション構成の検討
  3. Windows 2000とLinuxをインストールする
  Windows 2000のインストール
  Linuxのインストール
  4. デュアルブートの設定
  ブートセクタのファイル化
  OS Loaderへの登録

Linux Square全記事インデックス


 Linux Squareフォーラム Windowsとの共存/連携関連記事
特集:ゼロ円でできるデュアルブート
LinuxとWindowsを共存させる

Windows 98とLinuxの最も基本的なデュアルブート環境を構築しながら、OSの共存に必要な基礎知識を紹介する
特集:続ゼロ円でできるデュアルブート
LinuxとWindows 2000を共存させる

今回はLinuxとWindows 2000の組み合わせに挑戦しよう。Windows 2000のOS LoaderにLinuxを登録する方法を紹介する
特集:ゼロ円でできるXサーバ
WindowsでLinuxをリモート操作(前編)

Windows用Xサーバは高価だ。しかしライセンスフリーのVNCなら低コストでリモート操作環境を構築できる。その方法を紹介しよう
特集:ゼロ円でできるXサーバ
WindowsでLinuxをリモート操作(後編)

今回は多ユーザー環境などに適応させるカスタマイズ方法や、inetd経由でVNCサーバを自動起動させる方法を紹介しよう
特集:真ゼロ円でできるXサーバ
Windows 2000で動かすXFree86[インストール編]

Windows上にGNU環境を作るCygwinを使って、Windows 2000でXFree86を動かしてみよう。これで完全なフリーのXサーバが手に入る
特集:真ゼロ円でできるXサーバ
Windows 2000で動かすXFree86[設定・運用編]
Cygwin/XFree86でLinuxサーバにアクセスしよう。sshによる接続や日本語入力、Win2kでWindow Makerを動かす方法まで
特集:真ゼロ円でできるXサーバ
Cygwin/XFree86最新事情と日本語化

多くのパッケージが標準setup.exeでインストールできるようになったCygwin。今回は日本語化を中心に環境構築方法を解説
特集:真ゼロ円でできるXサーバ
Cygwin/XFree86でKDE & GNOMEを使おう
Cygwin/XFree86の準備ができたので、Xサーバとして活用しよう。後半ではKDEとGNOMEを動かすための方法を解説
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH