委任された管理者が持つ、「オーソリティ」とは

佐藤新太(JPRS)
2003/8/29

 オーソリティ(authority)とは日本語で「権威」のことです。DNS の言葉としては、委任されたドメインの情報を管理できるという「権威」を指します。「権威」そのものを指すこともありますし、「権威を持つもの」の意味で使うこともあります。

 ドメイン名はツリー構造をしており、委任により管理が分散されています。それぞれのドメインの管理者は、委任されたドメインを自由に管理することができ、この状態を「オーソリティを持っている」といいます。管理者がサブドメインをさらに別の管理者に委任すると、オーソリティは委任先の管理者が持つことになります。

 つまり、ツリー構造のすべての部分に、管理者という「オーソリティを持つもの」が必ず存在し、ゾーン(参照:「ゾーンとは」 )と同様に重なる範囲がなく、情報を管理しているのが DNSのドメイン名の構造です。

 オーソリティの及ぶ範囲と、ゾーンの範囲は同じです。オーソリティはゾーンの完全な情報を持つことが理解できるでしょう。また、逆にいえば、ゾーンの完全な情報を持つものがオーソリティです。

 コンテンツサーバ(参照:「ネームサーバの3つの働きとは」)は、管理するドメインの情報を提供するものであり、そのゾーンに対してオーソリティを持つネームサーバということになります。オーソリティを持つことができるネームサーバは、コンテンツサーバのみです。コンテンツサーバは自分で管理するゾーンファイルを持っており、それに基づいて応答しています。

関連Tips ゾーンとは
ネームサーバの3つの働きとは

DNS Tips Index

「Master of IP Network総合インデックス」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH