設定ファイルと格闘せずにDNSを運用管理
始めてみよう、Amazon Route 53

並河 祐貴
株式会社サイバーエージェント
2011/6/23

「R53 Fox」でAmazon Route 53を操作

 それでは、実際にDNSレコードの登録や削除を行ってみます。なお利用の際には、自分で利用できるドメインをレジストラなどから取得済みである(注3)ことが前提となります。

 まず、取得しているドメインを「Hosted Zone」に登録します(Hosted Zoneを登録した時点から課金が発生します)。R53 Foxの一番左下の「Create」ボタンをクリックしてください。

 次に、“Name”の欄には、レジストラから割り当てられた(自分で取得した)ドメイン名を入力してください。“Caller Reference”の部分は自動で入力されます。“Comment”の入力は任意です。入力が完了したら「OK」ボタンをクリックしてください(画面8)。

画面8 R53 Foxを使ってドメインを「Hosted Zone」に登録する

 するとIDが割り当てられ、画面のリストに登録した「Hosted Zone」の行が追加されているはずです。この行を右クリックし、「Detail」をクリックしましょう。

 Detailのウィンドウ内の“Name Server”におそらく4つのDNSサーバが記載されています(画面9)。このサーバをドメインを取得したレジストラにネームサーバとして登録することで、実際のドメイン名からの名前解決にAmazon Route 53が利用できることとなります。

画面9 “Name Server”の欄には4つのDNSサーバが表示される

 レジストラにネームサーバとして登録された後は、whoisコマンドなどを使うと、Name Server欄に先ほど登録したAWSのDNSサーバが表示されていることが確認できるはずです。

 Amazon Route 53が自ドメイン用のDNSサーバとして機能するようになったところで、次は、DNSレコードの登録をします。

 R53 Foxのウィンドウに戻り、DNSレコードを登録したいHosted Zoneの行をダブルクリックすると、個別のHosted Zoneのウィンドウが開きます(画面10)。

画面10 個別のHosted ZoneのウィンドウでDNSレコードの登録を行う

 次に、一番左下の「Create」ボタンをクリックし、DNSレコードの登録情報を入力します(画面11)。“Name”にはFQDN(www.namikawa.infoなど、ホスト名およびサブドメイン、ドメイン名を省略せずに記したもの)形式で記述します。“Type”はレコードの種類(A、CNAME、MXなど)を選択、“TTL”にはキャッシュの保持期間(単位は秒)、“Value”はレコードの値を入力し、最後に「OK」ボタンをクリックします。

画面11 GUI上でDNSレコードの登録作業が行える

 登録後1分程度で情報が伝播し、先ほど登録したレコードが名前解決できるようになっていると思います。digコマンドなどで確認してみましょう。

$ dig www.namikawa.info

; <<>> DiG 9.3.6-P1-RedHat-9.3.6-16.P1.el5 <<>> www.namikawa.info
;; global options: printcmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 44914
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;www.namikawa.info.             IN      A

;; ANSWER SECTION:
www.namikawa.info.      600     IN      A       xxx.xxx.xxx.xxx

;; Query time: 178 msec
;; SERVER: 192.168.0.1#53(192.168.0.1)
;; WHEN: Mon May 9 02:04:54 2011
;; MSG SIZE rcvd: 51
digコマンドで名前解決が行えることを確認

 また、登録したレコードを右クリックし、「Edit」をクリックすると、先ほど登録したレコードの情報を更新することができます。また「Delete」をクリックすると、登録したレコードを削除できます。

注3:レジストラへネームサーバを登録する手順は、各レジストラによって異なりますので、各レジストラのドキュメントなどに従ってください。

手軽に、簡単に始められるDNS

 このように、Amazon Route 53と専用のGUIツールである「R53 Fox」を使うことで、簡単にDNSの管理を始めることが可能です。

 もちろん、通常のAWS同様にすべてWebのAPI経由での制御となるので、CUIから制御処理をすべて自動化することも可能です。AWS公式のドキュメント(英語)に情報がありますので、興味のある方は参照してみてください。

 課金体系の部分でも記しましたが、1ドメイン当たり月額1ドル50セントという小額のコストからはじめることができ、プロにDNSの運用管理をお任せすることができます。DNSサーバが必要になった際は、一度試してみてはいかがでしょうか。

■筆者紹介
並河 祐貴
株式会社サイバーエージェント所属
ブログ: http://d.hatena.ne.jp/rx7/
Twitter: http://twitter.com/namikawa

これまで、数々のオープンソースソフトウェアの検証/導入/運用や、サーバ仮想化環境やクラウドサービスを利用したサービス構築/運用を実践。近年は、サイバーエージェントにてAmebaなどの大規模Webサービスのバックエンドを支える業務に携わっている。主な著書は「クラウドAmazon EC2/S3のすべて〜実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ〜」。

始めてみよう、Amazon Route 53
  Webサイト運用に欠かせないDNS
DNSをサービスで――Amazon Route 53の特長
従量型の課金体系
  Amazon Route 53の利用申請
GUIで操作できるFirefoxアドオン「R53 Fox」
「R53 Fox」でAmazon Route 53を操作
手軽に、簡単に始められるDNS
「Master of IP Network総合インデックス」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Master of IP Network フォーラム 新着記事
  • ガートナーが示す、IoTプラットフォーム導入のためのヒントとは (2017/4/6)
     企業の経営判断の中心はERPからIoTへと移行しようとしている。P&Gと米国の大手機器メーカーの事例とともに、「IoTをどう生かすべきか」のヒントをガートナーのイベントから探る
  • シスコのSD-WANが、分かりにくいのはなぜか (2017/2/27)
     シスコシステムズは、SD-WANに対してどのようなスタンスをとっているのか。結論から言えば、同社の既存技術の適用形態としてSD-WANを捉えており、一方で即座に活用できるソリューションを求める人々には、「Cisco Meraki」を推進するということになる
  • ネットワークの疎通を確認するには?〜ping/traceroute〜 (2017/1/30)
     マシンのネットワーク設定を行い、外部のネットワークやサーバとつながるかどうかを確認する際には、実際にネットワーク・アプリケーションを使う前に、「ping」「traceroute(tracert)」などのコマンドを用いる方法が有効だ
  • ping 〜ネットワークの疎通を確認する (2017/1/23)
     pingは、ネットワーク疎通を確認したいホストに対してIPパケットを発行し、そのパケットが正しく届いて返答が行われるかを確認するためのコマンドだ
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH