実験 

PCの起動を高速化する「Intelアプリケーション・アクセラレータ」の実体

1.IAAとIDEドライバの関係

澤谷琢磨
2001/10/20

 毎日、Windowsの起動にイライラしている人も多いはず。特に、デバイス・ドライバのインストール時に何度となく繰り返される再起動ほどイラつくものはない。そんなWindowsの起動時間が少しでも短くなるとしたら、どうだろうか。それも無償でだ。そんなうまい話が実はある。Intelが2001年9月にリリースした、自社の800系チップセット(型番が800番台のチップセット)専用ソフトウェア「Intelアプリケーション・アクセラレータ(IAA)」である。IAAをインストールすると、Windowsの起動が短くなるという。今回は、このIAAによって本当にWindowsの起動時間が短くなるのか検証してみることにした。

IAAの正体

 「Intelアプリケーション・アクセラレータ」とは、何とも実体の分かりにくい名前だが、IAAはWindows標準のIDEドライバを置き換えるデバイス・ドライバや、IDEインターフェイス/デバイスのステータスを表示するユーティリティなどで構成されたツールである。これまでIntelは「Ultra ATAストレージ・ドライバ」という名称で、Windows向けの独自IDEドライバを提供してきたが、IAAはこれの改良版である。

診断ツール「Intel Application Accelerator」
Ultra ATA ストレージ・ドライバには「Companion」という診断ツールが付属していたが、IAAでは「Intel Application Accelerator」という名前に変更された。中身はこれまでと同様にIDEデバイスのツリー形式の一覧表示と、デバイスやインターフェイスの詳細をまとめたレポート画面から構成される。
 
Intel Application Acceleratorの[レポート]タブ画面
[レポート]画面には、Ultra ATA Storage DriverとVersion 7.00.2025というバージョン番号が表示()される。このソフトウェアの前身がUltra ATAストレージ・ドライバであることが分かる。なおこのレポートでは、コントローラがサポートするUltra DMAのモードを調べられる。
 
[レポート]タブの[デバイス情報]
[レポート]画面のIDEハードディスクの情報には、従来のアドレッシング方式である28bit LBAに加えて、137Gbytesを超えるハードディスク向けの方式である48bit LBAの項目が新設された()。IAAがBig Driveに対応していることを示している(Big Driveや48bit LBAについては、「動向解説:IDEディスクの壁を打ち破る最新ディスク・インターフェイス」を参照)。

 名称のほかには、Ultra ATAストレージ・ドライバとIAAに外見上の違いは見当たらないが、機能と性能は大きく異なるようだ。IAAのドキュメントによれば、以下に示す項目でPCの機能/性能が向上するという。

性能向上項目 内容
OS起動の高速化 OSのロードタイムを短縮し、起動を高速化
ディスクI/Oの高速化 ゲーム、グラフィックス・アプリケーション、ディスク・ユーティリティおよびマルチメディア関連アプリケーションのディスクI/O処理を高速化
Pentium 4対応 Pentium 4搭載システムでのデータ・プリフェッチ処理のパフォーマンスを向上
Big Drive対応 137Gbytes以上のIDEハードディスクをサポートするBig Drive(48bit LBA)機能をサポート
IAAの効能

 このように仕様を見るかぎり、IAAは大変魅力的なソフトウェアに見えるが、実際にはどの程度の性能向上が得られるのだろうか。本稿では複数のベンチマーク・テストを実行し、IAAの性能を探ってみた。テストに用いたのは、2001年9月10日にリリースされた「Intelアプリケーション・アクセラレータ バージョン1.1」である。これはインテルのIAAサポート・ページからダウンロードできる。

IAAはノートPCでは使えない!

 IAAは、残念ながらすべてのPC互換機に対応したソフトウェアではない。下表に示した、比較的新しいIntel製800系チップセットを搭載したPCのみに対応している。正確には、800系チップセットが採用するICH(I/O Controller Hub)のうち82801AA/82801AB/82801BAがサポート対象となる。そのため、これにはノートPC向け800系チップセットであるIntel 815EMおよびIntel 830MPが含まれない。編集部でIntel 815EMを採用したノートPC(デルコンピュータのInspiron 2500)にIAAのインストールを試みたが、診断ツールはインストールされるものの、ドライバ本体はインストールできなかった。IAA バージョン1.1では、ノートPCはサポート外のようだ。

Celeron/Pentium III用チップセット
Intel 810/810E/810E2
Intel 815/815E/815EP/815P/815G/815EG
Intel 820/820E
Pentium III Xeonプロセッサ用チップセット
Intel 840
Pentium 4用チップセット
Intel 845
Intel 850
Intel Xeon用チップセット
Intel 860
IAAがサポートするチップセット
IAAは800系チップセット向けとされているが、正確にはそれに含まれるICH(I/O Controller Hub)のうち82801AA/82801AB/82801BAをサポートするソフトウェアだ。そのため、ICHとして82801BAMを採用する815EMと、82801CAMを採用するIntel 830MPについては、IAAの現バージョン(1.1)ではサポートされていない。
 
Windows XP(ただし正式版リリース後)
Windows 2000
Windows NT 4.0(何らかのService Packの適用を必要とする)
Windows Me
Windows 98 SE/Windows 98
IAAが対応するOS

IAAのインストール時の注意点・問題点

 IAAをインストールする際には、いくつか注意すべきことがある。まず、Windows OSにチップセットを正しく認識させることだ。それには、Windows OSやチップセットの種類によっては、「Intelチップセット・ソフトウェア・インストレーション・ユーティリティ(以下、チップセット・ソフトウェア)」を事前にインストールする必要がある。チップセット・ソフトウェアとは、Intel製チップセットをOSに正しく認識させるために必要なINFファイルや、その性能を引き出すために必要なデバイス・ドライバをまとめたものだ(Windows 2000とチップセット・ソフトウェアの関係については、「元麻布春男の視点:失敗しないWindows 2000のインストール手順」参照)。

 たいていの場合、チップセット・ソフトウェアをインストールしなくても(つまりOSがチップセットを正しく認識していなくても)、OS自体の動作は問題ない。パワーマネージメントなどの一部の機能が、フルに利用できない程度だ。しかし、IAAをインストールするためには、チップセット・ソフトウェアの適用によって、チップセットを正しく認識された状態にしなければならない。チップセット・ソフトウェアの最新版は本稿執筆時点で「v3.20.1008」である。zip形式で圧縮された形で配布されているが、解凍するとインストーラ・プログラム(setup.exe)が現れるので、これを実行する。インストーラの表示はすべて英語である。

チップセット Windows 2000における必要性
Intel 810/810E/810E2 不要
Intel 815/815E/815EP/815P/815G/815EG 必要
Intel 820 不要
Intel 820E 必要
Intel 840 不要
Intel 845 必要
Intel 850 必要
Intel 860 必要
800系チップセットと、チップセット・ソフトウェアの要不要について(Windows 2000の場合)
Windows 2000以外のWindows OSについては、Intel Application Accelerator User’s Manualの「4.2 Do You Need the Intel Chipset Software Installation Utility?」の章に詳しいので、こちらを参照していただきたい(前述のIAAサポート・ページからダウンロードできる)。なおWindows XPの場合、Intel 845のみチップセット・ソフトウェアをインストールする必要がある。

 OS側に必要なファイルが収録されている場合、チップセット・ソフトウェアのインストールは不要となる。上の表に、800系チップセットでチップセット・ソフトウェアが必要となるかどうかを、Windows 2000の場合についてまとめた。チップセット・ソフトウェアのインストーラ自体にインストールの要/不要をチェックする機能が組み込まれているため、よくわからない場合は、とりあえずインストール・プログラムを実行してみればよいだろう。不要ならば「INFアップデートは必要ない」というメッセージを表示して終了する。

チップセット・ソフトウェアを必要としない800系チップセットに対してインストールしようとした場合の表示
例えばIntel 810搭載PC上で動作するWindows 2000に対し、チップセット・ソフトウェアをインストールしようとすると、インストーラが「INFアップデートは必要ない」というメッセージを表示して終了する。

 チップセット・ソフトウェアの適用が済んだら、次はIAA自体のインストールを行う。IAAは、英語版(iaa11_enu.exe:サイズ1912Kbytes)と多言語版(iaa11_multi.exe:サイズ5400Kbytes)の2種類が提供されている。多言語版は診断ツールの表示が日本語化されているなど利点が多いので、なるべくこちらを使いたい。どちらのパッケージも、ダウンロードしたファイルを直接実行するとセットアップが始まる。

 IAAのセットアップ自体は容易だが、編集部でテストした際に、Windows 2000にインストール後、初回の再起動時にエクスプローラがユーザーの入力を受け付けない状態になることがあった(複数のアプリケーションをインストール済みの環境にインストールした場合に発生した)。このような場合でも、OSを再起動するとその後は正常動作するので、慌てないで対応したい。エクスプローラが入力を受け付けない状態では、Windows 2000では[Ctrl]+[Alt]+[Delete]キーを押して表示されるメニューから、[シャットダウン]−[再起動]を選ぶことでOSの再起動ができる。

  関連記事
IDEディスクの壁を打ち破る最新ディスク・インターフェイス
失敗しないWindows 2000のインストール手順

  関連リンク 
Intelアプリケーション・アクセラレータの情報ページ
Intelチップセット・ソフトウェア・インストレーション・ユーティリティの情報ページ

 

 INDEX
  [実験]PCの起動を高速化する「Intelアプリケーション・アクセラレータ」の実体
  1.IAAとIDEドライバの関係
    2.ベンチマークから見るIAAの効果

「PC Insiderの実験」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH