実験 

中古PC活用講座パート2【RAID構築編】

5. ソフトウェアRAIDの構築−−RAIDボリュームの作成

澤谷琢磨 
2002/03/30

2.ソフトウェアRAIDボリュームの作成

 RAID用パーティションの準備ができたならば、続いてソフトウェアRAID用ボリュームの作成に移る。画面「ソフトウェアRAIDボリューム作成画面」は、/bootディレクトリを割り当てることになる、「hde1」と「hdg1」から構成されるRAID 1ボリュームの作成方法を示している。

ソフトウェアRAIDボリューム作成画面
RAID用パーティション設定後に、ソフトウェアRAIDボリュームを作成し、その上にファイルシステムを構築する手順について、同じく/bootを例として解説する。
  「マウントポイント」として「/boot」を選択する
  「ファイルシステムタイプ」は「ext3」を選択する。なお、swapパーティションの場合は、「swap」を選ぶと、自動的に「マウントポイント」が「<利用不可>」に切り替わる
  「RAIDレベル」は「RAID1」を選ぶ
  「RAIDメンバー」では、RAIDとして束ねたいパーティションを選択する。RAID 1の場合は2つ選択する必要がある。ここではプライマリIDE(IDE1)のマスタ・ドライブである/dev/hdeの先頭のパーティション「/dev/hde1」と、セカンダリIDE(IDE2)のマスタ・ドライブの先頭パーティション「/dev/hdg1」を選択している。この2台で構築したRAIDボリュームが、/dev/md0〜md3のいずれかのデバイスとして割り当てられる。その上にファイルシステムを構築したうえ、/bootとしてマウントされることになる

 すべてのパーティションの設定を終えた後、Disk Druidに表示されたパーティション構成は、表「Disk Druidにおいて表示されるパーティション構成」のとおりとなった。この構成図は再構築の際に必要となるので、メモしておくこと。

デバイス   開始 終了 容量(Mbytes) タイプ マウントポイント
/dev/hde            
  /dev/hde1 1 3 24 ソフトウェアRAID  
  /dev/hde2 4 4465 35001 ソフトウェアRAID  
  /dev/hde3 4466 4847 2996 ソフトウェアRAID  
  /dev/hde4 4848 4865 141 拡張領域  
  /dev/hde5 4848 4865 141 ソフトウェアRAID  
/dev/hdg            
  /dev/hdg1 1 3 24 ソフトウェアRAID  
  /dev/hdg2 4 4465 35001 ソフトウェアRAID  
  /dev/hdg3 4466 4847 2996 ソフトウェアRAID  
  /dev/hdg4 4848 4865 141 拡張領域  
  /dev/hdg5 4848 4865 141 ソフトウェアRAID  
             
RAID Device 0       35000 ext3 /home
RAID Device 1       2996 ext3 /
RAID Device 2       141 swap  
RAID Device 3       23 ext3 /boot
Disk Druidにおいて表示されるパーティション構成
Disk Druidは容量の大きいドライブに若いデバイス番号を割り当てるよう設計されているようだ。仮想的なデバイスである「RAID Device(md)」の順番をユーザーの思うとおりに制御することはできない(これはLinux自体の制限によるものではない)。

 ソフトウェアRAIDボリュームに固有の設定はここまでで、以降は通常のRed Hat Linux 7.2のインストール手順と何ら変わるところがないため、ここでは割愛させていただく。



 INDEX
  [実験]中古PC活用講座パート2【RAID構築編】
    1.Linuxのディストリビューションを選択する
    2.RAID構築の機材を揃える
    3.パーティション構成を検討する
    4.ソフトウェアRAIDの構築−−パーティションの構築
  5.ソフトウェアRAIDの構築−−RAIDボリュームの作成
    6.ソフトウェアRAIDの構築−−動作確認
    7.ハードウェアRAIDの構築−−デバイス・ドライバを準備する
    8.ハードウェアRAIDの構築−−デバイス・ドライバをインストールする
    9.RAIDの再構築を確認しておこう
    10.ソフトウェアRAIDの再構築の実際−−パーティションの構築
    11.ソフトウェアRAIDの再構築の実際−−デバイスごとの再構築
    12.ソフトウェアRAIDかハードウェアRAIDか
 
「PC Insiderの実験」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH