BIOSセットアップを呼び出すキーを見つけるには

平野謙/デジタルアドバンテージ
2002/01/05

PC Hintsの全リストへ

 PCの初期状態を設定する「BIOSセットアップ」は、PCを管理・保守するなら、必ず触れる機会のある重要なPCの設定メニューである。BIOSセットアップを呼び出すには、PCの起動時に特定のキーをキーボードから入力するのが一般的だが、厄介なのは、このキーの種類がPCのベンダや機種によって異なることである。

 BIOSセットアップを呼び出すキーの種類は、PC起動時の初期画面で表示されることが多い。しかし、なかにはユーザーが誤って設定するのを防ぐといった理由で、このキーの種類を表示しないPCもある(BIOSセットアップの設定で、キーの表示/非表示を設定変更できることもある)。特に最近のPCでは、ベンダのロゴを全画面に表示するなどして、初心者にとっては難解な初期画面の英語のメッセージ表示を隠蔽する、という傾向が広がっているので、管理者にとってはなおさら厄介だ(BIOSの設定を変更したり、起動時にEscキーを押したりすれば、全画面ロゴが消えて初期化メッセージが表示されるようになるPCもあるが)。

クリックで拡大写真へ
 
クリックで拡大写真へ
初期画面で表示されるBIOSセットアップを呼び出すキー
上はAward BIOS搭載のデスクトップPC、下は日本IBM製ノートPCの初期画面だ。赤い線で囲った部分に、それぞれDELキー(Deleteキー)またはF1キーでBIOSセットアップを呼び出せることが表示されている。このようにPCの起動時にキーの種類が表示されるなら話は簡単なのだが…

 このような場合、もちろん基本はPCの取扱説明書やベンダのサポートWebサイトなどを参照してBIOSセットアップを呼び出すキーを探すことだ。しかし、そうした情報が得られなくても、呼び出すキーを自分で探すことは可能だ。というのも、BIOSセットアップを呼び出すキーの種類は限られており、多くのPCでは以下に記す代表的なキーをBIOSの呼び出しに用いるからだ。

BIOS設定画面に入るための代表的なキー:
[F1]、[F2]、[F8]、[F10]、[F12]、[Delete]、[Tab]

 あとは、これらのキーを1つずつ試していけば、かなり高い確率でBIOSセットアップにたどり着くことができる。

 ここで注意しなくてはならないのは、キーを押すタイミングだ。このキー入力のタイミングはBIOSによってはかなりシビアであり、正しいキーを押している場合でさえ、BIOSセットアップを呼び出せないことがある。そこで、PCの電源を入れてディスプレイに何か表示されたらすぐに、呼び出しキー(あるいは呼び出しキーと思われる上記のなかの1つ)を1秒間に1〜3回程度の頻度で連打してみる。あまり頻繁に連打すると、BIOSがキーボードのテストに失敗してキーボード・エラーを起こすことがあるので注意したい。

 また、BIOSによっては上記のキーをBIOSセットアップ呼び出し以外の用途に割り当てている場合もある。例えば、特定のキーで起動デバイスを手動選択できるメニューが表示されるような場合もある。つまり、キーを探す試行錯誤の最中に、BIOSセットアップ以外のメニューなどを呼び出すこともあるので、その際はあわてないでメニューから抜けるなど対処しよう。記事の終わり

  関連記事(PC Insider内) 
PCのBIOSをアップデートする方法は?
BIOSが認識したハードウェアの情報を得るには
 
「PC Hints」

TechTargetジャパン

System Insider フォーラム 新着記事
  • 再びニューロチップに注目が (2014/8/29)
     IBMのニューロチップ「SyNAPSE」。ニューロというと20年以上前にも流行したが、LSI技術の進化はニューロチップをやっと実用的なレベルにしたようだ
  • 日本の半導体業界再編はまだ続く? (2014/7/31)
     富士通が半導体生産から撤退、パナソニックがIntelに製造を委託、と日本の半導体製造が最終局面に。半導体産業が「産業の米」と言われた時代はいつのこと?
  • ロボットがうちにやって来る! (2014/6/25)
     ソフトバンクが感情を認識するロボット「Pepper」を発表。このPepperは、感情を認識したり、開発をオープン化したりとこれまでのロボットとは違っているようだ
  • AMDが考えるx86とARMの未来はピン互換? (2014/5/27)
     AMDが2014年から2016年にかけてのロードマップを発表。x86とARMとのピン互換を実現するという。AMDが「ambidextrous」と呼ぶこの戦略の意味は?
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第3回 Smart Phone時代の超UI/UX改善、CVRアップ術
スマートフォンサイトでショッピングや会員登録をするユーザーは、今後もまだまだ増え続...

第1回 「マス」と「デジタル」は横断して分析できる!
マスの効果は測り難いと言われる一方、マーケティング潮流はオムニチャネルが叫ばれるよ...

第1回 導入してみて分かったCCCMの特徴とポイント
昨今、クロスチャネル・キャンペーンマネジメント(CCCM)の記事が目立つようになりまし...