特集

新世代高速無線LAN「IEEE 802.11a」の世界

デジタルアドバンテージ
2002/02/28


 LAN構築において意外と面倒な作業が、イーサネット・ケーブルの敷設であることは、多くの人が実感しているのではないだろうか。フリー・アクセス・フロア(配線が什器などの邪魔にならないよう、床下に自由な配線を行える専用スペースを設けた設備)を導入しているようなオフィスであっても、接続する機器が増えればケーブルを増設しなければならないし、またオフィスのレイアウト変更などでもケーブルを敷設し直す必要があり、決して楽な作業ではない。ましてや、多くのオフィスではフリー・アクセス・フロアではないだろうから、ケーブルを机やロッカーの設置などの邪魔にならないように敷設するにはどうすればよいのか、担当者は頭が痛いに違いない。また、道路を挟んだビル間や、異なるフロア間でケーブルを敷設せずにLANを構築したいといった要望もあるだろう。こうした問題を解決するため、LAN構築に無線LANの導入を検討する企業が増えているという。また無線LANは、駅や空港、飲食店などに設置された「ホットスポット」と呼ばれるインターネット・アクセスを可能とする場所でも採用されており、実験ベースではあるもののこうしたホットスポットが都市を中心に増えつつある。

 このように無線LANの普及進む一方で、現在の主流である無線LAN規格「IEEE 802.11b」よりも高速なデータ転送が可能な「IEEE 802.11a」と「IEEE 802.11g」という2つの新しい規格が登場し、どの規格が今後の主流になるのか混とんとし始めている。そこで本稿では、これらの規格について簡単に紹介し、製品の出荷が始まったIEEE 802.11a対応製品の使い勝手と注目の実効速度を評価することで、今後の無線LANの行方を検証してみることにする。

 

 INDEX
[特集]新世代高速無線LAN「IEEE 802.11a」の世界
    1.IEEE 802.11bとIEEE 802.11a
    2.IEEE 802.11aの設定
    3.IEEE 802.11aの実力を測る
    4.無線LAN規格の今後
 
「PC Insiderの特集」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH