5万円PCがオフィスを変える

1.低価格PCの中身を探る


デジタルアドバンテージ
2000/09/13

 
今回取り上げたエプソンダイレクトのTC535LN
イーサネット カードとOSのライセンスが付いて4万9800円という破格値を実現したPC。超低価格の秘密はいったい何か?

 5万円などという低価格を売り物にしたPCは、メモリやハードディスクの容量が少なかったり、Windows 98のライセンスが別途必要になったりと、低価格なりの理由があった。実用になるようにメモリを増やしたり、OSを導入したりすると、結局は7万円以上の価格になってしまい、大手PCベンダが販売しているエントリPCとそれほど変わらない価格になってしまうものが多かった。

 ところが、エプソンダイレクトが2000年8月21日に発表した「EDiCube TC535MN/TC535LN」は、カタログ スペックを見ると、これまで10万円前後で販売されてきたデスクトップPCと変わらない内容を持っている。それでいながら4万9800円と、低価格PCを前面に押し出して販売しているPCベンダと同等の価格を実現した。もちろん、OSとしてWindows 98 SEのライセンスも付属している。さらに、TC535MNにはFAXモデムが、TC535LNには100BASE-TXのイーサネットが、それぞれPCIカードで実装されている。以下、両モデルを合わせてTC535Nと記すことにする。

 
CPU Celeron-533MHz
2次キャッシュ 128Kbytes
チップセット Intel 810-DC100
BIOS AWARD BIOS
メモリ 64Mbytes SDRAM(PC100対応)
グラフィックス機能 グラフィックス メモリ メイン メモリのうち最大11Mbytesを使用
コントローラ Intel 810内蔵
サウンド機能 Crystal CS4280
ストレージ デバイス フロッピー ドライブ 3.5インチ フロッピー ドライブ(2モード)
ハードディスク Ultra ATA/66対応 容量15Gbytes
CD-ROMドライブ 40倍速CD-ROMドライブ
拡張インタフェース PS/2キーボード/マウス、シリアル、パラレル、ディスプレイ、サウンド、USBX2
ドライブベイ 前面アクセス可能なドライブベイ 3.5インチX1 (フロッピー ドライブで使用済み)
5.25インチX2 (1つはCD-ROMドライブで使用済み)
HDD専用ドライブ ベイ 1インチ ハイト3.5インチX1 (内蔵ハードディスクで使用済み)
拡張スロット PCIX4(カード長175mmまで)、うち1本は使用済み
メモリソケット DIMMソケット× 2
外形寸法 (W×D×H) 180×392×365mm (本体のみ)
重量 約8.6kg(本体のみ)
電源 電源容量:142W
消費電力 最大230W(待機時消費電力29W)
EDiCube TC535Nの主な仕様

低価格ながらも十分な信頼性を実現

 エプソンダイレクトが、なぜこのような低価格を実現できたのかを調べるため、早速編集部でTC535LNを購入し、採用しているパーツを調べてみた。その結果は、以下の表のとおり。

 
プロセッサ Intel Celeron-533MHz
メモリ Samsung製PC 100 SDRAM DIMM
マザーボード ASUSTeK Computer製MEW-AML
ハードディスク Samsung製SpinPoint SV1533D
CD-ROMドライブ 松下寿製CR-593-B
イーサネット カード ノーブランド(コントローラ:Realtek Semiconductor RTL8139B)
TC535LNで採用されていた主なパーツ
 
TC535LNで採用されているイーサネット カード TC535Nに搭載されているハードディスクとCD-ROMドライブ TC535Nに付属のキーボード、マウス、スピーカー
イーサネット インターフェイスは、PCIカードで提供されている。イーサネット カード自体はノーブランド製品だ。コントローラは、Realtek Semiconductor製RTL8139Bを搭載している。 ハードディスクとしては、容量15GbytesのSamsung製SpinPoint SV1533Dが搭載されている。Samsung製ディスクは、日本国内ではあまり人気がないが、米国の大手PCベンダではコンシューマ向けPCに採用している例が多い。また、CD-ROMドライブは老舗の松下寿製CR-593-Bであった。低価格PCとはいえ、意外と評判の高いデバイスが採用されている。 正直なところ、キーボードは極限までコストダウンを進めたもので、キー ストロークは短く、長時間の使用は困難だろう。このキーボードをサーバ向けの緊急用にして、新しいキーボードを購入することをすすめたい。マウス、スピーカーは、質の高いものではないが、一般的な用途としては必要十分な機能・性能を持っている。

 やはり低価格PCなりに、ノーブランドのイーサネット カードやSamsung製のハードディスク「SpinPoint SV1533D」、キーボード/マウスなど比較的安価なパーツが採用されている。とはいえ、機能的に不満足なものや、すぐに壊れてしまいそうな不安になるようなパーツは使われていなかった。むしろ、これらのパーツを秋葉原や日本橋のPCショップで購入すると、軽く5万円を超えてしまいそうだ。これにWindows 98 SEのライセンスも付属しているのだから、間違いなくTC535Nの価格は安い。

TC535Nに採用されていたメモリ TC535LNのマザーボード
メモリはノーブランドだと予想していたが、Samsung製のPC100 SDRAMが採用されていた。 マザーボードは、ASUSTeK Computer製の「MEW-AML」。ディスプレイ キャッシュは実装されていないが、チップセットにi810を採用したマザーボードとしては、平均的な構成になっている。

 マザーボードは、ASUSTeK Computerの「MEW-AML」を採用している(ASUSTeK ComputerMEW-AMLのホームページ)。チップセットのi810-DC100は、エントリPCではスタンダードともいえるものだ。ディスプレイ キャッシュが実装されていない点が若干気になるが、3Dグラフィックス ゲームでは性能差があるものの、ビジネス アプリケーション用途ではキャッシュの効果はほとんどないだろう。実際、i810と同様のグラフィックス機能を持つ、i815を使って、ディスプレイ キャッシュの有用性を検証したが、ビジネス アプリケーション用途ではほとんど効果がなかった。

関連リンク
EDiCube TC535MN/TC535LNの製品紹介ページ
RTL8139Bの製品紹介ページ
MEW-AMLのホームページ
 更新履歴
【2000/09/14】 TC535LNにハードディスクとしてSamsung製の「SpinPoint SV1532D」を搭載しているとありましたが、「SpinPoint SV1533D」の誤りでした。訂正させていただきます。


 INDEX
    [特集]5万円PCがオフィスを変える
  1.低価格PCの中身を探る
    2.拡張性とサポートは必要十分
    3.4万9800円実現の裏側

「PC Insiderの特集」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH