モノ/ヒトをつなぐこれからの「場」のデザイン


第5回 テーブルを介したコミュニケーションデザイン


株式会社内田洋行
次世代ソリューション開発センター
UCDチーム
2008年7月23日
ユビキタス空間において求められるユーザーインターフェイスの形とは何か。若手技術者と若手クリエイターが、ユーザー中心の視点に立った空間デザイン論を考える(編集部)

 連載第1回では、これからの「場づくり」に求められる全体像を、第2回第3回では、私たちの開発したプロダクトをUCD(User-Centered Design:利用者の行動を中心に置いたデザイン)的な観点から、第4回では「商業空間での場づくり」について紹介しました。

 今回は、TUI(タンジブルユーザーインターフェイス)を用いて、テーブルを介したコミュニケーションデザインを実現した「場づくり」を取り上げます。

 コミュニケーションをデザインするテーブル「TangibleTable」

 人と人とのコミュニケーションと、テーブルのある「場」には、深い関係があると私たちは考えています。

 テーブル上に飲み物を置いたり、本を置いたり、また、テーブルクロスをひいて料理を置いたりと、シーンに応じてテーブルトップや引き出しにあるマテリアルを変えることで、テーブルに集まる人々のコミュニケーションのあり方が変わります。

 テーブルには、色々なマテリアルが存在しますが、そこにサイバーな情報が存在する「場」というのは、これまであまり見受けられませんでした。「テーブルのある『場』にITの要素が入ると、どのようなコミュニケーションが生まれるのか」。これを探るために、今回の開発プロジェクトは始まりました。

 皆さんは「タンジブル(もしくはタンジブルビット)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 タンジブルとは、石井裕氏(マサチューセッツ工科大学教授、2008年6月現在)が提唱する新しいユーザーインターフェイスの概念です。

 タンジブルには、「実体のある・触れることができる」という意味があります。特にコンピュータシステムにおいて、実態のある・触れることができるユーザーインターフェイスのことをタンジブルインターフェイスといいます。

 「TangibleTable」は、タンジブルインターフェイスを指向したテーブル型のファニチャー(家具)です。引き出しの中にあるさまざまなモノを使って、そのモノにまつわる“情報”を引き出したり、操作したりできます。引き出された情報は、天板上のディスプレイに表示されたり、音楽となったり、照明の光度を変化させたりという形で表出されます。

 ただ“情報を見せる”だけではなく、それを操作する方法を与えることによって、人と人、人とシステムの間にインタラクションが発生し、そこにコミュニケーションが活性化する「場」をTangibleTableは提供しています。

 タンジブルの思想は、「デジタルの世界とリアルの世界を実物でつなぎ合わせる」ことにあります。誰にとっても分かりやすく、使いやすく、かつ「楽しい」システムを用意し、皆でわいわいと集えるような、そんな空間を提供する。システムと人の間とのやりとりだけでなく、これを媒介として、人と人、フェイストゥーフェイスのコミュニケーションがいっそう進む「場」をつくり出す。TangibleTableの狙いはそこにあります。

 コミュニケーションからクリエイションへ

 かつて、日本の企業の競争力の中心は高い技術力や品質でした。しかし、近年企業に求められるものは「人間のクリエイティビティ(創造性)」だといわれています。クリエイティビティを発揮するためには、いくつかの段階があると私たちは考えます。

図1 クリエイティビティを発揮するためのステップ

 組織でクリエイティブな活動を行うためには、コラボレーションが必要です。コラボレーションとは、それぞれ異なった専門性や文化を持った人や組織が、対等な関係で新たな価値を築くことです。

 また、コラボレーションを行うためには、複数間で相互の意思疎通を図るためのコミュニケーションが円滑に行われていることが前提となります。このように、すべての活動のベースとなる「コミュニケーション」を促進させる目的でTangibleTableは制作されました。

 
1/3

Index
テーブルを介したコミュニケーションデザイン
Page1
コミュニケーションをデザインするテーブル「TangibleTable」
コミュニケーションからクリエイションへ
  Page2
テーブルを介した「コミュニケーションデザイン」
展示品を置かないミュージアム(博物館)
  Page3
「触れる」コンテンツで人とモノ、人と人のインタラクションを発生させる
コミュニケーションを生む要素を盛り込むことの重要性
ニーズを実現するための技術と、「場」を演出する仕組み

モノ/ヒトをつなぐこれからの「場」のデザイン


RFID+IC フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH